building_hoken_dairiten


    1: 風吹けば名無し 2017/10/01(日) 09:20:19.50 ID:G0VKk7vb0
    彡(^)(^)「生命保険入ったらニートのままでいい?」

    彡(^)(^)「入るやで!」

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/05/25(金) 02:32:30.15 ID:Ov71Txh10
    ケーズデンキに賠償命令=パート女性自殺「精神的苦痛」-大津地裁:時事ドットコム
    https://www.google.co.jp/amp/s/www.jiji.com/jc/amp176k=2018052400917

     大津市の家電量販店に勤務していたパート従業員の女性=当時(49)=が自殺したのはパワハラが原因だとして、遺族が「関西ケーズデンキ」(大阪市)と当時の店長に計約7000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、大津地裁であった。
    西岡繁靖裁判長は店長の指示と自殺の因果関係を否定したが、「強い精神的苦痛を与えた」として同社などに計110万円の支払いを命じた。


     判決によると、女性は「ケーズデンキ西大津店」に勤務。
    2015年9月23日、当時の店長から競合店舗の価格調査を命じられた。
    同28日夜に店長と話し合った際、「調査業務をやるくらいなら死ぬ」と話し、翌朝自殺した。
     西岡裁判長は「毎日5~6時間の価格調査を命じた」と指摘し、女性が精神的苦痛を受けたと認めた。
    一方で価格調査は始まっておらず、「相談していた労働組合の対応を待つとか退職するのが通常で、いきなり自殺することは想定できない」と判断した。
     判決後、女性の夫(55)は記者会見で「自殺直前に4時間も元店長と話し合い、結果に絶望して自殺した。
    次はきちんと判断してほしい」と述べ、控訴する考えを示した。
     関西ケーズデンキは「遺族には心よりお悔やみ申し上げる。判決の内容は真摯(しんし)に受け止めたい」とコメントした。(2018/05/24

    続きを読む
    アクセスランキング