1515293474708


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/17(日)22:13:48 ID:CrH
    ワイやで
    普段クールぶってても嬉しいもんは嬉しいんや

    続きを読む

    daigaku_toudai


    1: 風吹けば名無し 2018/06/19(火) 16:48:53.72 ID:oPVir9+zd
    母(50)が東大に合格、息子(19)は不合格

    http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0004931647.shtml
    姫路市書写の塾講師、安政真弓さん(50)がこの春、かつて挑んだ東京大学を受験し、文科3類に合格した。
    ほぼ30年越しに願いを成就できたのは、東大を目指す次男の姿がきっかけだった。一緒に受験することを決めて1年。
    仕事や家事の合間に参考書を広げ、最難関を突破した。次男は別の大学で学ぶことになったが、「語学の分野で新たな世界を広げたい」と、
    再び味わう学生生活に胸を膨らませている。

    安政さんは姫路西高校の32回生。現役時に京都大、浪人して東大に2度挑戦して失敗し、私立大学に進んだ。
    卒業後も独学で外国語を学び、フランス語やイタリア語などを習得。7年前から自宅で学習塾を開き、近所の中学生らに教えている。

    挑戦のきっかけは、次男玲二郎さん(19)の受験だった。昨年3月、姫路西高3年だった玲二郎さんが東大受験に失敗し、
    真弓さんは自分が味わった悔しさを重ねた。 その思いを晴らそうと「お母さんも東大生を目指そうかな」と
    数年後の受験計画を明かすと、「どうせなら1年で合格を目指してみれば」と家族が背中を押してくれた。

    続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/06/17(日) 17:05:53.28 ID:1SnQ/drSd
    ネズミ駆除の新しい武器はドライアイス、米ニューヨーク

    6/17(日) 15:11配信 

    【AFP=時事】穴の中からとがった鼻の先と2つの小さな黒い目が見えたが、もう遅い。足でふさがれていた穴に素早くドライアイスが押し込まれた。

     米ニューヨーク市衛生局の新たな武器はネズミに確実な死をもたらす。
    マンハッタン(Manhattan)で最も古い地区の一つ、ロウアー・イーストサイド(Lower East Side)にあるサラ・D・ルーズベルト公園(Sara D. Roosevelt Park)ではリック・シメオネ(Rick Simeone)氏率いるネズミ駆除チームが業務に当たっている。

     前日、駆除チームは3時間以上かけて67か所のネズミ穴の位置を確認した。
    それは250匹以上のネズミが地下に隠れている可能性を意味する。
    駆除チームのメンバーは各ネズミ穴にペレット状のドライアイスを入れていく。
    ドライアイスは気体の二酸化炭素になり、中で眠っているネズミたちは窒息死する。
    この手法で通常90~100%のネズミが死に絶えるという。【翻訳編集】 AFPBB News

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000025-jij_afp-int

    米ニューヨーク・マンハッタンにあるサラ・D・ルーズベルト公園で、ネズミ駆除を行う衛生局職員が足でふさいだ穴から顔を見せたネズミ

    no title


    ドライアイスをネズミ穴に入れる衛生局の職員ら
    no title
     
    no title

    no title

    続きを読む
    アクセスランキング