1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)19:45:29 ID:bRe
本拠地、コンベンション・センターで迎えた大統領戦
先発私用メールが大量失言、支持率も勢いを見せず惨敗だった
スタジアムに響く支持者のため息、どこからか聞こえる「逮捕は時間の問題だな」の声
無言で帰り始める議員の中、民主党の大統領候補ヒラリーは独りベンチで泣いていた
既得権益で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できる大手マスメディア・・・
それを今のアメリカで得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」ヒラリーは悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、ヒラリーははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たい国民の感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰って資産をスイスに移さなくちゃな」ヒラリーは苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、ヒラリーはふと気付いた

「あれ・・・?支持者がいる・・・?」
ベンチから飛び出したヒラリーが目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの民衆だった
千切れそうなほどに国旗が振られ、地鳴りのようにUSA!!USA!!が響いていた
どういうことか分からずに呆然とするヒラリーの背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「ヒラリー、就任演説だ、早く行くぞ」声の方に振り返ったヒラリーは目を疑った
「サ・・・サンダース?」  「なんだいワイフ、居眠りでもしてたのか?」
「ビ・・・ビル?」  「なんだヒラリー、かってにビルを引退させやがって」
「オバマさん・・・」  ヒラリーは半分パニックになりながら開票速報を見上げた
1番:オハイオ 2番:イリノイ 3番:フロリダ 4番:カリフォルニア 5番:テキサス 6番:NY 7番:ペンシルベニア 8番:ミシガン 9番:ジョージア
暫時、唖然としていたヒラリーだったが、全てを理解した時、もはや彼女の心には雲ひとつ無かった
「勝てる・・・勝てるんだ!」
大企業から献金を受け取り、壇上へ全力疾走するヒラリー、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、世界で冷たくなっている経済が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った
2: 名無し 2016/11/10(木)19:46:58 ID:hUo
やれやれ、帰って資産をスイスに移さなくちゃな
すこ

3: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)19:47:08 ID:vxA
献金に草

4: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)19:49:03 ID:Oal
経済は復活気味なのでセーフ

5: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)19:49:03 ID:jAn
株は回復したしヘーキヘーキ

6: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)19:56:52 ID:QDh
夢見がちなサンダンス「オレやで!」

7: 名無しさん@おーぷん 2016/11/10(木)19:58:24 ID:SiY
これは久々の傑作
タイムリーでもあるしイッチの力量はかなり高い
1145141919810点