1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:12:17 ID:pxn
(´・ω・`)「うん、『オリオン座』のこと教えてよ」


彡(゚)(゚)「なんやねん急に。オリオン座の何が知りたいんや」


(´‐ω‐)「何がと言われても・・・まぁ全般的にいろいろと」


彡;(゚)(゚)「全部なんて無理やで。前にも”何が分からないのかハッキリさせろ”って言ったやろ?」


(´・ω・)「言ってたっけ?」



no title



(#´・ω●`)「思い出しました」


彡(゚)(゚)「ほな蹴りは済んだから本題に入ろか」


(#´・ω●`)「理不尽だね」




 ~ 彡(゚)(゚) と (´・ω・`) で学ぶ『オリオン座』 ~

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1450505537/

3: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:13:59 ID:PW5
ブラックホール二キやんけ!

期待

4: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:16:49 ID:6SE
うちうのおにいちゃん久しぶりやね

5: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:17:24 ID:pxn
彡(゚)(゚)「んで、どこから教えればええんや?」


(´‐ω‐)「オリオン座とはなにか・・・かな?」


彡(゚)(゚)「何も分からんってことやな」

彡(゚)(゚)「『オリオン座』は星座の一種で、数ある星座の中でも最もポピュラーなものの一つやな。
     こういうの、どっかで見たことあるやろ?」

no title



(´・ω・)「見覚えはあるね。でも一番有名なのはやっぱり『北斗七星』じゃない?」


彡(゚)(゚)「あぁ、よく勘違いされとるんやけど、”北斗七星は星座ではない”んやで。
     おおぐま座の一部分をそう呼んどるだけや」

彡(‐)(‐)「大きくて見つけやすいし、北斗七星が有名なのは確かやけどな。
     どこぞの暗殺拳の使い手の影響もあって、日本人なら知らん人は居ないやろってくらいやし・・・」


(´・ω・)「括りが違うんだね。それじゃあオリオン座を実際に見るにはどうすればいいの?」


彡(゚)(゚)「オリオン座は冬に見頃を迎える星座や。
     観測だけなら秋~春にかけて可能やけど、一番見やすいのはこれからの時期やな」

彡(^)(^)「形もハッキリしてて分かりやすいし、明るい星が多いから結構目立つで。
     冬の晴れた夜中に適当に空を見上げれば簡単に見つかるはずや」


(´・ω・)「これからが見頃なんだね」

6: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:20:10 ID:6SE
今回は星座か

10: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:25:24 ID:pxn
(´‐ω‐)「あれ、でも星座に見頃なんてあるんだ」


彡(゚)(゚)「せやで、見える星座は季節によって少しずつ変わるんや」


(´・ω・)「どうして変わるの?」


彡(゚)(゚)「季節で見える星座が変わる理由は図で見ればわかりやすいやろ」

no title


彡(‐)(‐)「太陽が明るすぎて弱い光はかき消されるから、星が見えるのは基本的に夜だけや。
     でも昼の間に向いている方向と夜の間に向いている方向は、地球の公転によって1年サイクルで変化するやろ?」

彡(゚)(゚)「その季節の昼の方向にある星座は太陽に邪魔されて見えず、逆に夜の方向にある星座は見やすくなるわけや」


(´・ω・)「そっか、考えてみたら当たり前の事だね」


彡(゚)(゚)「オリオン座は冬の時期に夜の方向に位置する星座や。
     せやからこれからの時期が見頃で、逆に夏の間は見えないってわけや」


(´‐ω‐)「ということは同時に全部の星座を見る事はできないんだね。ちょっと残念」


彡(゚)(゚)「”季節によって違う星座を楽しめる”と言い方を変えることもできるで。
     無理なもんはしゃーないしな、ものは考えようやで」

13: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:32:15 ID:pxn
(´・ω・`)「それじゃあ、オリオン座にはどんな星があるの?」


彡(゚)(゚)「星数の多い星座やから全部は説明できんけど主要な天体はこんな感じや」

※GIF
no title



(´・ω・)「どこかで聞いたような名前も有るね」


彡(^)(^)「せやろな。特に『ベテルギウス』、『リゲル』、『オリオン大星雲』あたりは有名どころや」

彡(゚)(゚)「ベテルギウスとリゲルは1等星(>>>1)やし、その他も2等星が多いからかなり目立つ星座やな。
     中央の三ッ星(アルニタク、アルニラム、ミンタカ)もオリオン座を見つける際の目印になるで」


(´・ω・`)「それはわかったけど、もう少し綺麗な写真は無いの? 天体写真はもっと派手なイメージがあるよね?」


彡;(゚)(゚)「しゃーないやろ。ワイが撮影するにはコレが限界だったんや」

彡(‐)(‐)「安物のカメラやけどな。複数枚撮影して合成したり補正かけたり、これでも色々工夫はしたんやで?」


(´・ω・`)「道具のせいにするんだね」


|  |
| ∥          (゚)(゚)ミ -_黙れ腐れ原住民が!
| ∥ ゴシャァァッ!!  つ  ミ  ─_____ ___
|  从ノ    (ミ_(⌒\ ヽ _ ___
( (≡ ̄ ̄ ̄ ̄三\ ⌒ノ ノ)
|(つWつ  ̄ ̄\  ⌒彡)   ノ =_
| \つ-つ     \,__,ノ ノ
|  | )       / /  ミ
|  |       / ノ     ____
|  |        /ノ _─ (´⌒(´
|  |        ミ/= (´⌒(´⌒;;
| ''''""'''"'''"""''"""'''''"'"''''""''"''''"""''"''"''"'''"'''''''"""''"


>>>1:『1等星』
太陽を除いて視等級(見かけの明るさ)が1.5より明るい恒星を1等星と呼び、全部で21個存在する
ややこしい表現だが、1等星の中には視等級がゼロを通り越してマイナスになっている恒星もある

17: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:40:53 ID:pxn
(#´・ω×`)「それじゃあオリオン座の天体について教えてよ」


彡(゚)(゚)「了解や。但しWikipediaから持ってきた情報も多いから鵜呑みにしたらアカンで。
     順番はさっきの画像で上から写ってる順や」

◇「ヘカー」
別名「メイサ」。オリオンの頭に当たる星だが、4等星なので都心など光害の多い場所では見づらい。
条件が良ければヘカーの傍にさらに2つの星が見える。

◆「ベテルギウス」
1等星であり、恐らくオリオン座で最も有名な星。明るさが変化する『変光星』と呼ばれる部類の恒星で、
明るさが最大の期間は『リゲル』を超えてオリオン座で最も明るい星となる。肉眼でも赤みを帯びているのが分かる。

◇「ベラトリックス」
天体の名前としてよりも某魔法映画の悪役の名前として有名。ラテン語で女戦士という意味を持つ。
直径は太陽の6倍弱、質量は8~9倍程度で、隣り合うベテルギウスとは対照的に青い色をした2等星。

◇「ミンタカ」
三ッ星を形成する星の一つであり2等星。
見かけは1個の星に見えるが実際には4個の星が集まった多重星であると考えられている。

◇「アルニラム」
三ッ星の真ん中に位置する2等星。隣のアルニタクと名前が似ていてややこしい。
質量は太陽の40倍程度と見られており、かなり重い星である。

◇「アルニタク」
三ッ星を形成する星の一つであり2等星。隣のアルニラムと名前が似ていてややこしい。
ミンタカと同様見かけは1個の星だが、実際には3個の星が集まった多重星である。

◆「オリオン大星雲」
1つの星ではなく『散光星雲』と呼ばれるガスや塵の集まり。
散光星雲の中でも最も見やすい部類であり、天体望遠鏡を使わなくても双眼鏡で見ることができる。

◇「ハチサ」
オリオン座の中では少し目立ちにくい3等星。
肉眼ではオリオン大星雲と同程度の明るさに見え、見かけの位置も近いので2つがセットで見える事が多い。

◇「サイフ」
2等星ではあるがオリオン座の他の2等星と比べるとやや暗く、
周囲に明るく有名な天体が多いためちょっと存在感が薄い。

◆「リゲル」
1等星であり、ベテルギウスが頑張ってる時以外はオリオン座で最も明るい星。
直径が太陽の約70倍と割と大きい恒星である。

21: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:47:43 ID:pxn
(´・ω・)「それぞれ違った特徴を持つ天体なんだね」


彡(゚)(゚)「質量も直径も太陽を上回っていて、強く青白い光を放つのはほとんどの恒星で共通やけどな。
     まぁベテルギウスだけはちょっと例外やけども」


(´・ω・`)「直径が太陽を上回るって、どれくらい大きいの?」


彡(゚)(゚)「さっき挙げた恒星の中には直径がハッキリしてないものもあるから全部は無理やけど、
     大まかに判明してるオリオン座の恒星と太陽を比較するとこんな感じになるで。色と形は目安や」

no title



(;´・ω・)「・・・・・・太陽はどこ? というか突っ込みどころ満載だね」


彡(゚)(゚)「この画像やと太陽はちょうど1ピクセルほどの大きさになるで」

彡(‐)(‐)「でも見づらいやろうしな、拡大した画像も用意してあるで」

no title



(´・ω・`)「25倍まで拡大してやっと太陽がまともに見えてきたね。こんなに大きさが違うの?」


彡(゚)(゚)「せやで。推測されるそれぞれの直径は以下の通りや」


◆オリオン座の恒星の直径(太陽を1としたとき)

・ベテルギウス:約1000
・リゲル:70
・アルニラム:26
・アルニタク:20
・サイフ:11
・ベラトリックス:6
・太陽:1

23: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:50:52 ID:scI
>>21
こマ!?

25: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)15:56:13 ID:pxn
(;´・ω・)「随分差があるんだね。オリオン座の恒星はこんなに大きいものばかりなの?」


彡(゚)(゚)「大きい恒星しか無いわけではないで。地球からの距離が遠いから大きくて強く光る星が目立つだけや」

彡(‐)(‐)「というかそもそもの話やけど、一つの星座を構成する天体同士であっても
     ”地球から見たら近くにあるように見えるだけで実際には前後方向に遠く離れてる”天体が大半や」

彡(゚)(゚)「”同じ星座の天体でもお互いが近くにあるとは限らない”ってことやな」


(´‐ω‐)「そっか。大きい恒星が一箇所に集まってるわけじゃなくて、
     地球からは偶然星座の形に見えてるだけなんだね」

(´・ω・`)「ということは、太陽の近くでもオリオン座の星がある場所でも、
     大きい星と小さい星の数はあまり変わらないの?」


彡(‐)(‐)「おおまかにはそうやな。太陽系程度のスケールで見れば近くには小さな恒星しかないように感じるかも知れんけど、
     銀河レベルのスケールで見れば大きな恒星の分布なんてどこを見ても大して変わらんのや」

彡(゚)(゚)「まぁ『散開星団』(>>>2)と呼ばれる巨大な恒星が集中的に生まれるパターンもあるから一概には言えんけどな」


(´‐ω‐`)「なるほどね」

(´・ω・)「それにしても、ベテルギウスだけ桁違いに大きいんだね。
     あえて突っ込まないでいたけど形も歪だし、色も一つだけ違うし・・・」


彡(゚)(゚)「ベテルギウスは数ある恒星の中でも特に注目度が高いものの一つや。
     オリオン座について話すなら触れないわけにはいかない存在やし、特別扱いして解説するで。」


>>>2:『散開星団』
大量のガスや塵から同時に多くの恒星が生まれ、互いの重力によって集団の状態を保っているもの
材料となるガスや塵が多いため、太陽と比べると質量も直径も大きな恒星が生まれることが多い
富士重工業の自動車ブランド「スバル」の名前の由来にもなっている「プレアデス星団(和名:すばる)」が有名

27: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:04:08 ID:pxn
彡(゚)(゚)「まずはベテルギウスの基本情報からやな」

『ベテルギウス(オリオン座α星)』

分 類:M型超巨星、SRC型変光星
直 径:約13~14億km
質 量:約20太陽質量
距 離:約642±147光年
視等級:0.0~1.3
光 度:約13万5000太陽光度


(´・ω・)「なんだかよく分からない単語ばっかり出てきたね」


彡(゚)(゚)「まず『M型超巨星』ってのは”スペクトル分類がMのかなり巨大な恒星”という意味やで。
     スペクトル分類ってのは要は星の色の事で、M型は赤い色を示す分類や。
     橙色を示すK型の超巨星と合わせて『赤色超巨星』と表記される事が多いわな」

彡(゚)(゚)「まぁ簡単に言えば”赤く光る超巨大な星”ってことやな。赤星や」


(´・ω・`)「太陽はどんな分類になるの?」


彡(゚)(゚)「”太陽はG型主系列星”や。G型は黄色、主系列星は恒星の一生の中でも最も安定した段階を示す分類やで」

彡(^)(^)「ちなみに藤田太陽はGではなくて、TからLに行って最後がSや」


(´・ω・)「・・・・・・・・・?」


彡;(‐)(‐)「・・・いや、まぁええわ。ついでに書いておくと、主なスペクトル分類は以下の通りやで」

no title

36: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:10:26 ID:Umc
温度高いほど青くなるんやったな
黒体放射やったっけ?

40: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:15:19 ID:hPK
自作gifとかイッチやるやん!

41: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:17:01 ID:pxn
(´・ω・`)「それじゃあ『SRC型変光星』っていうのはどういう意味?」


彡(゚)(゚)「簡単に言えば”やや規則的に光の強さが変わる恒星”って意味や。
     さっき挙げた基本情報の中に”視等級:0.0~1.3”ってガバガバな数値が書いてあるやろ?
     ベテルギウスは変光星であるがゆえに数年周期で明るさが変わるんや」


(´・ω・)「恒星の中には明るさが変わるものもあるんだね」


彡(゚)(゚)「むしろ変光星は普遍的な存在なんやで。
     太陽でさえ厳密には明るさが変化しとるし、全く変化の無い恒星は無いと言ってもええ」

彡(‐)(‐)「と言ってもそれなりの変化量が無ければ『変光星』とは呼ばんから、
     太陽も変光星であるってのはちょっと無理のある解釈やろうけどな」


(´・ω・)「でもどうしてベテルギウスは明るさが変わるの?」


彡(゚)(゚)「星の大きさが変わることで表面温度が上下して明るさも変化するんやで。
     基本的には小さくなると表面温度が上がって明るく、大きくなると温度も下がって暗くなるんや。
     まぁ逆に近いパターンもあるんやけどな」


(´‐ω‐)「えっ、星の大きさが変わるの?」


彡(゚)(゚)「せやで。”ベテルギウスは自身を球形に保てないほど活動が不安定”な状態なんや。
     せやから大きく膨らんだり縮んだりを繰り返していて、それに伴って明るさも変化しとる」


(´・ω・)「なるほどね。”直径:約13~14億km”って書いてたのは大きさが変わるからなんだね」


彡(゚)(゚)「そういうことや。そもそもの直径が大きいこともあって、
     ”ベテルギウスは約1億kmの幅で膨張・収縮を繰り返している”と推測されとるんや」

彡(゚)(゚)「”地球を一列に7800個並べると1億km弱”と書けばどれほど大規模な変化なのか分かりやすいやろ」


(;´・ω・)「すごいスケールの話だね・・・」

43: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:22:51 ID:wHJ
文字通り桁が違うんやな

44: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:24:00 ID:pxn
(´・ω・`)「でもどうしてそんなに不安定なの? 太陽はそんなに変化しないよね?」


彡(゚)(゚)「現在の太陽は恒星の一生の中で最も安定した『主系列星』と呼ばれる段階やから大きな変化は無いんやで」

彡(‐)(‐)「ベテルギウスも若かりし頃は主系列星だったわけやけど、それはもう昔の話や。
     今は主系列星の段階を終えて赤色超巨星となり、活動が極めて不安定なんや」


(´・ω・)「主系列星の段階を終えると不安定になるのはどういう仕組みなの?」


彡(‐)(‐)「どうしても長くなるんやけど、かいつまんで説明すればやな・・・」

彡(゚)(゚)「まず、恒星が発する”莫大なエネルギーの源は『核融合反応』(>>>3)”や。
     恒星として生き続ける為には核融合を続ける必要があって、
     核融合が出来なくなる事は恒星としての死を意味するんや」

彡(‐)(‐)「そんで、核融合の材料は何かというと『水素』と『熱』と『圧力』なんやけど、
     水素はその恒星が生まれる際に集めた分しか無いから使える量には限りがあるし、
     熱と圧力は恒星の外層では足りないから、核融合は高温高圧の中心部でのみ行われるんや」


(´・ω・)「中心部で水素を使い切ったらどうするの?」


彡(゚)(゚)「水素で核融合を行うと『ヘリウム』が作られて恒星の中心部に溜まっていくんやけど、
     水素が足りなくなってきたたら溜め込んだヘリウムを核融合の材料として使い始めるんや。
     まぁ実際には水素を使い切る前にヘリウムも使い始めるんやけどな」

彡(゚)(゚)「同様にヘリウムを使ったら次は炭素、その次はネオン、さらに酸素、ケイ素と
     徐々に重い元素を核融合の材料として使うようになるんや」



>>>3:『核融合反応』
原子同士が融合してより重い原子を作り出す反応
その中でも恒星で行われるのは「熱核融合」と呼ばれる部類のもので、継続的な反応には高温と高圧を必要とする
原子力発電に利用される「核分裂反応」とは別の現象だが、語感が似ている為か混同されてしまうことがある

46: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:26:59 ID:Umc
鉄とかの重原子は基本的にこの時出来るんや
ワイらの血には星の名残が流れてるんやで

47: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:30:24 ID:pxn
>>46
せやね
むしろワイらの体は恒星の残骸でできてると言ってもええくらいや
ロマンのある話やで

49: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:32:52 ID:pxn
(´‐ω‐)「これだけ聞くと何の問題も無いように感じるね」


彡(‐)(‐)「まぁそう思うかも知れんな。
     せやけど水素より重い元素を核融合に使うことで、それまでは無かった事が起こり始めるんや」


(´・ω・)「どんな事?」


彡(゚)(゚)「核融合を続けて重い元素が大量に作られると、その元素は中心部に沈んで溜まっていくわけや」


(´‐ω‐)「周りより重いわけだからそうなるよね」


彡(゚)(゚)「そうしてより重い元素が中心部に溜まると、その元素は自分達の重力で潰れ始めるんや。
     潰れて縮むと代わりに大量の熱、つまりはエネルギーを生み出すんやけど・・・」

彡(゚)(゚)「さて、そのエネルギーはどこに行くと思う?」


(´・ω・)「どこって・・・中心部で生まれたんだし、外に向かうしか無いんじゃないかな」


彡(゚)(゚)「その通りや。しかしエネルギーが外に向かうと、そこに待ち受けるのは核融合に使われずに余ってた外層の水素や」

彡(゚)(゚)「水素という物質があるからにはエネルギーは素通りできん。
     せやから外層の水素がエネルギーを受け止めて加熱、膨張させられる上に外向きに押されてまう。
     つまりは”内部で生み出されたエネルギーが外層を押し出してしまう”んや」

彡(‐)(‐)「外層を押し出す、それが何を表すかと言うと・・・?」


(´・ω・`)「恒星自体がが膨張するってことだね」


彡(^)(^)「そういう事やな」

51: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:35:02 ID:Umc
やきう民膨張してて草

53: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:38:43 ID:pxn
(´・ω・)「そうやって膨張した姿が今のベテルギウスなの?」


彡(゚)(゚)「大まかにはそんな感じやで」

彡(‐)(‐)「まぁ本当はもっと複雑なプロセスを経ての巨星化なんやけどな。
     核融合に関しては説明できるほど理解できとらんわ・・・」

彡(゚)(゚)「因みに、核融合の材料を重い元素に変えていくことができるのは相応の質量を持った恒星だけや。
     全ての恒星が同じ人生を歩むわけではないから注意しといてや」


(´・ω・`)「でもベテルギウスは膨張だけじゃなくて収縮もするんでしょ? 縮んじゃうのはどうして?」


彡(゚)(゚)「さっき説明した外層を押し出すエネルギーが不安定だからやで」

彡(‐)(‐)「次々と重い元素へと核融合を行うことによって、恒星中心部の環境は刻々と変化していくわけや」

彡(゚)(゚)「それに合わせてさっき説明した”外層を押し出すエネルギーの量”も変化するんや」


(´・ω・)「そのエネルギーが変わると膨張したり収縮したりするの?」


彡(゚)(゚)「せや。押し出す力が強くなればその力と重力が釣り合う地点まで膨張し、
     押し出す力が弱くなれば重力が勝つから、また釣り合う地点まで収縮するんや」

彡(゚)(゚)「図を描けばこんな感じやろか」

no title



(´・ω・)「そっか。中心部の調子の良し悪しによって外層部が行ったり来たりしてるんだね」

(´‐ω‐)「外層の水素たちも大変だね」


彡(‐)(‐)「せやな。まるで機嫌の悪い上司に振り回される部下みたいや」

55: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:41:06 ID:wHJ
>>53
図にうっすら何か写ってますねぇ・・・

56: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:42:14 ID:DR3
>>55
なんのグラフなんですかねぇ(すっとぼけ)

57: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:42:43 ID:GUa
>>53
折れ線はエネルギー推移かな?(すっとぼけ)

59: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:44:50 ID:t7i
悪意の固まりみたいな図やな

61: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:48:52 ID:pxn
(´・ω・)「膨張と収縮の話は分かったよ。でもさっきの大きさ比較の図みたいに、ベテルギウスは歪な形をしてるんだよね?
     梅干しみたいに表面がデコボコしてるし瘤みたいな出っ張りもあるけど、こうなっちゃうのはどうして?」


彡(゚)(゚)「それも恒星の内部構造に原因があるんや。図と一緒に解説するで」

no title


彡(゚)(゚)「ワイが部下に例えた外層にある水素の層は対流して動いてるんや。
     ただし太陽のようにあまり大きくない主系列星とベテルギウスのように膨張した巨星では、
     外層の厚さと中心から受けるエネルギー量に大きな差があるわけやな」


(´‐ω‐)「まぁ星自体が大きいわけだから層も厚くなるよね」


彡(゚)(゚)「その上巨星化した恒星の外層は中心から遠い分重力による束縛も緩くなるから、
     受けるエネルギーが少なくてもより遠くまで運ばれてしまうんや。
     要は”大きな恒星の外層ではより大きな対流が起きている”ってことやな」


(´・ω・)「対流が大きくなると表面が歪になるの?」


彡(‐)(‐)「まぁそういうことやな。水を入れて弱火にかけた小鍋と強火にかけた寸胴鍋をイメージしてみるとええ」

彡(゚)(゚)「弱火で中身が沸騰しても小鍋の水面は多少波打つ程度やろ?
     でも強火の寸胴鍋では湧き上がる流れが強くなって、水面には大きな凹凸が現れるはずや。
     ”対流の規模で表層の様子が変わる”という点では同じことやで」


(´‐ω‐)「なるほどね。ベテルギウスの大きな出っ張りも対流が原因で出来たの?」


彡(゚)(゚)「対流も原因の一つだと考えられとるみたいやけど、詳しくは分かってないのが現状やな。
     因みにあの瘤は差し渡しが約7億km程度と推測されとるみたいや」


(´・ω・`)「約7億kmねぇ・・・地球を並べると?」


彡(゚)(゚)「5万4875個や」


(;´・ω・)「・・・・・・・・・」

65: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)16:56:51 ID:pxn
(´・ω・`)「ところで、太陽もいつかは主系列星じゃなくなるんだよね?
     ベテルギウスと同じように赤色超巨星になるの?」


彡(゚)(゚)「赤色超巨星にはならずに『赤色巨星』に留まると考えられとるな。ベテルギウスほど巨大にはならんはずや」


(´・ω・)「膨張はするけどベテルギウスほどではないってこと? どうして?」


彡(゚)(゚)「質量に差があるからや。質量の大きさはそのまま材料の多さやからな。
     単純な比例関係ではないんやけど、基本的に”質量の大きい恒星ほど直径も大きくなる”んや」


(´・ω・)「ベテルギウスの質量はどれくらいなの?」


彡(‐)(‐)「基本情報の所で書いたやろ? 20太陽質量や」


(´‐ω‐)「そうだった。太陽の20倍も重い恒星なんだね・・・」

(´・ω・)「あれ、でもちょっと待ってよ。直径は太陽の1,000倍もあるのに、質量は20倍しかないの?」


彡(゚)(゚)「せやで、それだけ余計に膨張しとるってことやな。
     中心部は核融合が起こる程の過密状態やけど、”平均密度で言えば地球の大気よりも薄い”んや」


(;´・ω・)「わけがわからないね。宇宙って恐い」


彡(‐)(‐)「そら地球の常識をものさしにしたらベテルギウスには恐怖さえ感じるやろな」

彡(^)(^)「せやけど、そんなベテルギウスもワイらに最高の天体ショーを見せてくれる可能性があるんやで」


(´・ω・`)「天体ショー?」


彡(゚)(゚)「せや、人類史上稀に見る貴重な天体ショー。それが『超新星』や!」

66: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:00:24 ID:t7i
星の密度が地球の大気より薄いとかホンマに意味わからんわ…

68: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:04:26 ID:pxn
(´・ω・)「超新星? 名前からして凄そうな雰囲気だね」


彡(゚)(゚)「現象の名前は『超新星爆発』とも言うんやけど、実際凄い現象やで。
     質量が十分に大きい恒星がその一生を終える時、死の間際に一瞬だけ見せる姿なんや。
     まぁ一瞬と言っても人間にとっての一瞬とは基準が違うわけやけど・・・」


(´・ω・)「最後の一瞬だけってことは珍しい現象なの?」


彡(゚)(゚)「ワイらのいる銀河系内で最後に超新星が観測されたのは約400年前や。
     もしベテルギウスが超新星爆発を起こせばそれ以来の観測になるんやで」


(´‐ω‐)「なるほどね。爆発とは書いてるけど、どんな事が起こるの?」


彡(゚)(゚)「結局はその名の通り爆発なんやけどな。さっき恒星が膨張する理由を説明した時に、
     ”中心部が潰れるとその分エネルギーが放出されて外層が押し出される”って話をしたやろ?」

彡(゚)(゚)「簡単に言えば、それの超強力バージョンが超新星爆発や。
     中心部が一気に潰れる『重力崩壊』という現象が起きて、
     その反動で放出された膨大なエネルギーが外層をふっ飛ばしてしまうんや」


(´・ω・)「重力崩壊が起きるのはどうして?」


彡;(゚)(゚)「核融合が限界まで進んで、その限界を超えてしまうと重力崩壊が起こって自分が潰れる。
     要はそんな感じや、やりすぎは良くないって事やな」


(´・ω・`)「また説明せずに逃げるんだね」


no title

72: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:12:12 ID:wHJ
いつだったか「数ヶ月以内に超新星爆発が起こる」ってデマ流れたことあったやんな?
あれベテルギウスの話やったっけ?

73: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:16:18 ID:IFH
それよりも超新星爆発(かに星雲)の記録が日本を含む世界中に今も残ってるってのが凄い
ベテルギウスが爆発したらどんな光景になるのか楽しみやわ

74: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:16:27 ID:pxn
(#´・ωU`)「ところで、ベテルギウスが超新星爆発を起こしたら地球からも見えるの?」


彡(゚)(゚)「もちろんや。素の状態のベテルギウスが見えてるんやからな、超新星はもっと明るく見えるで。
     一説によれば”満月並に明るく、昼間でもハッキリと見える”と予測されとる」


(´・ω・)「そんなに明るくなるんだ。過去の超新星も同じような感じだったのかな」


彡(゚)(゚)「いや、過去に観測されたのはどれも地球から数千~数万光年以上離れた超新星や。
     対してベテルギウスは地球から約642光年しか離れとらんから、観測史上もっとも近い場所での超新星やな。
     近い分明るさも過去最大になると予測されとるで」


(´‐ω‐)「そっか、642光年は宇宙の基準では割と近いんだね。
     でもあんまり近すぎても恐いね。何か悪影響もありそうな感じもするけど・・・ないよね?」


彡(゚)(゚)「あるで。超新星爆発は強力なガンマ線を放出する『ガンマ線バースト』という現象を伴うんやけど、
     これが地球に直撃したらオゾン層が破壊されて生命体に大きなダメージを与えると考えられとる」


(;´・ω・)「結構マズイんじゃないの?」


彡(゚)(゚)「大量絶滅が起こるかもしれないと言われとるな。
     ワイは平気やろうけど、きうりや原ちゃんはタダじゃ済まんやろなぁ(ゲス顔」


(;´・ω・)「ええっ! どうしよう!」


彡(^)(^)「まぁ狼狽える必要は無いと思うで」

彡(゚)(゚)「”超新星爆発で強力なガンマ線が放出されるのは恒星の自転軸から2度の範囲”とする研究結果が出とるんや。
     地球はベテルギウスの自転軸から約20度の位置にあるから、ガンマ線の影響を受ける可能性は低いとされとる」


(´‐ω‐)「なんだ。大丈夫なんだね」


彡(゚)(゚)「言っとくが”可能性が低い”だけやで。全く何の影響も無いと証明されたわけではないんやからな」

78: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:23:36 ID:pxn
(´・ω・`)「じゃあベテルギウスが超新星爆発を起こすのはいつなの?」


彡(゚)(゚)「わからん」


(´・ω・)「分からないの? 調べてないだけじゃなくて?」


彡(‐)(‐)「ワイがちゃんと調べてないだけかも知れんな。
     せやけど、恒星の将来を正確に予測するのはとても難しい事なんや。」

彡(゚)(゚)「もちろんベテルギウスの死の瞬間が近いことは確かやで。
     でもその時が1年後なのか1000年後なのか、そこまではまだ予測できんのや」


(´・ω・)「そっかぁ。じゃあ僕らが生きてるうちに見られるかどうかは分からないんだね」


彡(‐)(‐)「しゃーないやろな。
     ワイらが生きているうちに観測するにはベテルギウスがすでに超新星爆発を起こしてないといかんからな」


(´‐ω‐)「どういうこと?」


彡(゚)(゚)「誤差の範囲を無視すれば地球からベテルギウスまでの距離は642光年や。
     光が到達するのに642年かかるわけやから、”今見えるベテルギウスは642年前の姿”やで」


(´・ω・`)「既に超新星爆発を起こしてるけど、その光がまだ地球まで届いてないだけの可能性もあるんだね」


彡(゚)(゚)「その可能性も無きにしも非ずやろな」


(´‐ω‐)「昔の姿を見ながら既に過ぎてるかもしれない将来を予測するっていうのもなんだか歯痒いね」


彡(゚)(゚)「それしかできないんやからしゃーない。むしろ光の到達に時間がかかるおかげで遠い昔の事が判明してるんや。
     あまり意識する機会も無いかもしれんが、”星空は宇宙の歴史そのもの”なんやで」

80: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:27:07 ID:pxn
今日はここまで
続きは明日にするンゴ

明日の内容は
・オリオン座の神話について
・オリオン座の周囲の天体について

やで

81: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:28:35 ID:Kjy
>>80
お疲れ様やで

オリオン座の神話ネタは草生えるから楽しみや

84: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)17:32:59 ID:WLx
乙リオンやで

92: 名無しさん@おーぷん 2015/12/19(土)21:00:00 ID:64N
ワイ、ロッテオリオンズファン高みの見物