1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:37:25 ID:pNT
no title


おめでとう

3: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:38:48 ID:d8x
許されてない定期

5: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:39:19 ID:TxF
怪しいのが混ざってるよなぁ…?

7: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:39:52 ID:Z9O
謎外国人定期

9: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:40:11 ID:aSa
悲報 多田野数人さん、永遠に許されない

10: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:40:24 ID:gsq
なぜ許されると思ってしまうのか

11: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:40:43 ID:aau
いや、TDNが消えただけでも人類の大きな進歩よ

12: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:40:56 ID:aSa
右下にいるのは誰なんやろなぁ(すっとぼけ)

14: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:41:26 ID:oWH
下の左から二番目で草

15: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:41:30 ID:JwF
2つ許されてないのがあるんですがそれは...

16: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:41:30 ID:TxF
多田野は母子家庭に育った、金の問題はいつもついて回った。
グラブ一つ、ユニフォーム一着無駄にできない環境、そんな中でも、多田野の母は野球を続けさせた。
多田野もそれに答え、みるみる頭角を現していった。

大学に進み、世代を代表する投手と言われ始めると、色々な球団から栄養費が支給された。
多田野はそれをすべて親孝行と借金の返済に当てた。
余分な金はいらない。母に楽をさせてやりたい。多田野青年は母の苦労を知っていたのだ。
だがそんなおり、愛用のグラブが壊れてしまう。
栄養費は母の口座に振り込んだばかり、手元に金はない。まさか返してくれと言えるはずもなく、多田野青年は途方に暮れた。

そんなとき、たまたま部屋にあったゲイ雑誌の片隅にビデオモデル募集の広告を見つけたのだ。
多田野はお前達の言うような男ではない。真面目で誠実な青年なのである。

17: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:42:25 ID:aSa
>>16
普通そんなものたまたま部屋にあったりしないんだよなぁ

22: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:45:19 ID:MZG
>>16
たまたまそこにあるものではない

19: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:43:34 ID:tJ3
許される前はもっとすごかったんか?

21: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:45:18 ID:pz3
ンギモチイィがないしセーフ

23: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:45:42 ID:xE5
一番右下は川合俊一かな?

24: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:45:56 ID:wOE
no title

久保帯人も許された模様

25: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:49:01 ID:BB7
Googleいけるやん!
no title

26: 名無しさん@おーぷん 2017/11/14(火)17:50:29 ID:aSa
KBTITは悪いことしてないのにKBTITと同一視されてて草
真の被害者はKBTITじゃなくてKBTITなんやで

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1510648645/