livejupiter-1426080488-134-490x300


その2はこちら


632: 俊也 2015/03/20(金)21:03:32 ID:mye
「なんとか了承を得たよ・・・・」
空母、信濃艦橋で出迎えた小沢の第一声であった。

彡(゚)(゚)「西村、志摩の両艦隊、栗田艦隊と合流できそうですか!」


「うむ・・・みすみす旧式戦艦の部隊を分派して突入させたところで短時間で各個撃破されるだけ、陽動や敵兵力の拘束などできぬ相談だからな・・・・。」

彡(゚)(゚)「それができるのは・・・・」

「そう、わが艦隊しかいない。ハルゼーの主力を北方に吊り上げ、栗田艦隊がレイテ湾に突入する間隙を作る・・
・・・君が見てきた未来においても、それに関しては成功したのであろう?」

彡(゚)(゚)「はい。しかし栗田艦隊は迷走と消耗を繰り返した挙句、レイテ湾直前で敵機動部隊を追撃することを
口実とし反転、そのまま敗走します・・・・・」

「なるほど、な・・・われわれの犠牲が無駄になってしまうのだな。そもそも、何がいけなかったと思うかね?」

633: 俊也 2015/03/20(金)21:07:16 ID:mye
彡(゚)(゚)「まずは作戦目的が敵機動部隊殲滅か、敵上陸部隊の撃滅か、
最後まであいまいになってしまったことですね。・・
・・・今次決戦に関して言えば、艦砲射撃による敵上陸部隊の掃滅!この一点に傾注すべきです。
たとえ戦艦部隊が壊滅しても・・・・」

「・・・・そこまでの覚悟でやるべきなのだな」

彡(゚)(゚)「はい!上陸してくる米陸軍第6軍20万名 
これに甚大な被害を与えることが出来れば、アメリカにとってはさすがに戦争計画に大きな綻びとなります。国内世論においても・・・・」

「つまり、この戦争を終わらせる大きな契機となりうるわけだね」

彡(゚)(゚)「御意。ゆえになんとしても勝たねばなりません。」


(まあもっと上の次元では、高度に政治的な判断というのも必要になるんやが・・・・さすがに今のワイではどうしようもない。)

634: 俊也 2015/03/20(金)21:12:57 ID:mye
東京 首相官邸

「陸海軍とも、こたびのフィリピン決戦が天王山となるでしょうな。海軍の見通しはどうですか」
東條英機首相の問いに、嶋田海相兼軍令部総長は余裕の笑みを浮かべた

「ご懸念無く・・・連合艦隊にはまだ大和 武蔵の二大巨艦が健在。空母機動部隊も新鋭機加え復活しておりますれば・・
・・必ずやマリアナ以上の戦果を挙げてごらんにいれましょう。例の未来の知識云々に頼らずとも・・・・」

「あくまで、油断なく頼みますよ。各部隊間の意思疎通もきちんと図るように・・・・」

「はは、心得ております・・・・」

「なんとしても一撃講和!この戦いで実現せねばなりません。ここで講和が出来ねば、
多くの帝国臣民が空襲の災禍に晒される、陛下に申し訳が立たぬ・・・・」


635: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)21:15:40 ID:Sbm
キターッ!!

636: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)21:16:58 ID:Ake
お!上がってるゥーんだ!

638: 俊也 2015/03/20(金)21:22:47 ID:mye
官邸を辞去した嶋田。軍令部へと向かう。
豊田連合艦隊司令長官と面談があったのである。
「先刻総理にお会いしてきたがね、例の未来予知にかぶれまくってしまって困ったものだよ。まあ確かに先日の地震に関しては驚いたが・・・・。
あと、その予知男を抱えた小沢君が今度の海戦を仕切りかねない勢いで作戦全体に意見してくるというのもな・・・・」

「嶋田さん・・・・それなんですがね。小沢は自ら囮になって戦艦部隊の突入を助ける、とは言ってはいるが、その実、
戦艦部隊を死地に追いやり、自らの子飼いの機動部隊を温存しようとしてるのではないか?と思うのですよ。」
「なるほど・・・・戦艦部隊を米艦隊や陸上兵力と刺し違えさせようって肚か・・・・」
「大戦果を挙げ講和が実現すれば・・・・一躍小沢は連合艦隊最強兵力の長となるわけです。」
「われわれにとって代ろうとしているというのか・・・・未来を知る男をお抱えにして。」
「今回の海戦、むろん勝たねばなりませんが・・・・・」
「小沢の思う形で勝つ、というのは避けねばな。こうなると先日栗田に根回ししておいて正解だったな・・・・」

639: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)21:25:51 ID:9hW
う~ん、この上層部

640: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)21:25:57 ID:Sbm
風向きが怪しいな

641: 俊也 2015/03/20(金)21:27:56 ID:mye
翌16日 レイテ東方海上に米機動艦隊、輸送船団現出。
同日、捷一号作戦が、連合艦隊司令部より正式に発令された


大和 武蔵を擁する栗田艦隊が、ブルネイを進発。同日夕刻に西村、志摩艦隊と合流。
(建前上は、中将間の序列の問題もあり、3つの艦隊はそれぞれ独立したうえでの共同作戦・・・・となる)


栗田艦隊旗艦「愛宕」

「基地航空隊の支援は得られるのかね?」
露骨に不安げな表情を、栗田建男は浮かべた。
「昨日より敵航空兵力とかなり激しくやりあっているようですので・・・今はなんとも・・・

・・シブヤン海通過時にはなんとか第一航空艦隊も戦闘機を回してくれるとは申しておりますが。」

小柳参謀長の言葉も頼りない。


「パラワン水道を通る際、潜水艦の襲撃を受けたら…・やはり西方から回るか、いややはり時間がない・・・・・」




思考の迷路に嵌まり込む栗田。

643: 俊也 2015/03/20(金)21:37:00 ID:mye
・・・・やがて、内地の料亭での、嶋田、豊田との出撃前の会合のことを思い出す。



「いやぁ栗田君、今度の決戦では、栄えある第二艦隊の司令。武人の本懐ではないかね。」

「恐れ入ります、総長殿。」

「この豊田も羨ましい限りだ、戦艦部隊を率いての敵機動部隊殲滅という最重要の任務を、君が担えるわけだから・・・・」

「は、長官。しかし主任務は敵輸送船団、上陸部隊の・・・・小沢提督もそのために囮に・・・」

「・・・・栗田君。GFや軍令部内ではそう声高に叫ぶ連中も多いが・・・
・・あくまで主目標は敵艦隊だよ。君だって嫌だろう。輸送船襲撃の為に艦隊を危険にさらすのは・・・・。
わが海軍の宿願は艦隊決戦!栗田君がその主役となるのだよ!」
「は、はあ、いやしかし・・・・」

「敵艦隊に遭遇できないのであれば、割り切って艦隊を保全し、次なる機会に備えるのも将たる者の務めだよ。」

「・・・・・・・!」


「栗田君、君の志は連合艦隊司令長官だそうだね。その夢、この嶋田が叶えてやってもいい。
水上部隊を無用の危険から護ってくれれば、ね・・・・・」


「・・・・・・・ぎ、御意・・・・・・」



「と、とにかく、対潜、対空警戒を厳にせよ!」
夜半のパラワン水道通過を前に、栗田の声は上ずっていた。

645: 俊也 2015/03/20(金)21:43:57 ID:mye
アメリカ第三艦隊 戦艦ニュージャージ

「敵基地攻撃隊が帰投します。撃墜および地上撃破100機以上・・・・ですがわが方も47機未帰還・・・・」

「フン・・・・ジャップもなかなかしぶとい・・・・まあ、あとは第7艦隊のジープ空母群に任せておくとしよう」

「ハルゼー閣下、敵の水上部隊を捕捉!パラワン、シブヤン海経由でレイテ湾口に突入を図ると予想されます。」

「まずはそいつから叩くか。明朝シブヤン海に入ったところで第2から第4の3個群を以て対応する。準備させろ!・・・
・・そのうちオザワもでてくるだろう」


646: 俊也 2015/03/20(金)21:52:46 ID:mye
第一機動艦隊 旗艦 信濃

「なんとか、早めにこちらに引き付けたいもんだね」


彡(゚)(゚)「はい長官。まあ明日午前中には、ハルゼーの索敵圏内に入ると思います。」

「それでも栗田艦隊は、ある程度叩かれてしまうな。」

彡(゚)(゚)「なんとか、耐えて突破してもらうしかありません。
主力艦を無傷に近い状態でレイテまで持たせられれば・・・・“史実”とくらべて有利なのは、
われわれ全体の初動が早く、うまくいけば上陸間際の敵輸送船団を捕捉できるかもしれないということです。」

「そして・・・・わが機動艦隊も囮とはいえ・・・・!」

彡(゚)(゚)「はい!前回マリアナ時にまさるとも劣らぬ打撃力を有しております!」





空母 信濃 大鳳 瑞鶴 雲竜 葛城 天城 笠置 龍鳳 千代田 千歳


作戦機 410機 

航空戦艦 伊勢 日向

軽巡 多摩 五十鈴 大淀

駆逐艦 10隻

・・・・・正直、雲竜級の新造空母や千代田などの軽空母のなかには、
艦載機が定数割れしている艦もあったが・・・・
それでも、この状況下では破格の機動打撃戦力と言えた。

648: 俊也 2015/03/20(金)21:57:59 ID:mye
翌日未明

米潜水艦「ダーター」艦内

「艦長!敵重巡を捕捉!魚雷発射管注水します」

「待った甲斐があったな・・・・」


マクリントック艦長は、舌なめずりせんばかりにほくそ笑む。

「こいつを仕留めて祝杯といこう、魚雷―」


次の瞬間、艦周辺に立て続けに炸裂音。そして振動。


「な、なんだ!?爆雷攻撃!?」

「そんな・・・・ジャップはロクなソナーも持って居ない筈・・・・・」

「左舷隔壁損傷!浸水が・・・・・・」

「まさか・・・・こちらの位置を予め見切って・・・・」




「海面に油膜、浮遊物等確認!」
「撃沈したか・・・・・」
「残念ながら摩耶はやられましたが・・・・もう一隻にもおそらく損傷を与えたかと。」
「うむ、生存者救助を・・・・・」
(それにしても・・・・・)
栗田は内心畏怖さえ感じていた。

未来を見てきた男の情報・・・・まさか敵潜水艦の襲撃時刻と位置までも・・・・・

ということは、当然この先のことも。


自分は一体、なにを信じればよい?

649: 俊也 2015/03/20(金)22:01:13 ID:mye
今晩はここまでとしますやでー
史実以上に過酷な戦いになるかもやが、よろしくお付き合いをば・・・・

652: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)22:06:54 ID:9hW
乙やで!小沢艦隊は強力になってワクワクするわ。ただ、上層部がかなりアレだから、そういった意味でもなおさら今後の展開が読めへん。

653: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)22:09:52 ID:tna
不穏な空気が流れてきたな…
サンガツ

655: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)22:16:00 ID:ozr
おつやでー毎回楽しみにしてま。
良くも悪くも、全ては栗田の決断にすべてがかかってそうやね

661: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)22:35:52 ID:a4b
マリアナから始まってるならすでに特攻兵器はできてるな

664: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)23:28:38 ID:ao3
サンキューイッチwww

うーんこの上層部

667: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)23:56:43 ID:fLw
おつつ
信濃ぐうロマンやな・・・

もっと活躍する姿見たかったから活躍しまくってくれ
no title

691: 俊也 2015/03/22(日)01:24:46 ID:wEG
夜が明ける・・・・

フィリピン マバラカット基地

「ここが分水嶺だ。過酷な攻撃となるが、少しでも敵の戦力を削いでいかねばならぬ。武運を祈る!」
大西瀧治郎中将は、居並ぶ搭乗員たちに訓示した。
「ははっ!」
関行男大尉率いる彗星20機と、護衛の零戦15機は、レイテ周辺海域の敵第7艦隊に向け出撃した。

あくまで、通常攻撃である、

だが、護衛空母1隻撃沈 3隻大破等の戦果と引き換えに、関大尉乗機はじめ15機が未帰還となった・・・・・。

しかしその後も、執拗に第一航空艦隊は米第7艦隊に噛みついていくのである・・・・

694: 俊也 2015/03/22(日)01:27:28 ID:wEG
そして・・・・シブヤン海 
「敵戦爆連合100機以上!!接近中!!」
ついに来たか・・・
栗田は唇を噛む。

「対空戦闘!よーい!テーッ!!」
数十隻の艦艇が、一斉に無数の火箭を放つ
スコールのような濃密な弾幕

しかし雲霞のごとき敵機の群れは、それを悠々とかいくぐる。


「左舷急降下―!!」
「とーりかーじ!!」
「妙高、被雷!」
「戦艦山城に爆弾2発命中!火災発生!!」

「・・・・そうだ、いいよ!こいよ!」



西村祥冶中将である。

彼は自ら強く申し出、自ら座乗する山城と扶桑を輪形陣外寄りに配置する形で、

敵航空攻撃を吸収する被害担当艦を引き受けたのである。

「だがタダで沈みはせんぞ!!一機でも多く落としてやれ!!大和、武蔵を絶対に無傷でレイテに送り込むのだ!!」

さらに山城に魚雷一本、扶桑に爆弾3発命中したところで、第一波攻撃がやんだ・・・・。



695: 俊也 2015/03/22(日)01:30:55 ID:wEG
戦艦ニュージャージー
「ハルゼー提督!偵察機より入電!北方に敵機動部隊現出!空母10隻の大兵力であります!」

「来たな、オザワ・・・・現在送り出した第3波、第4波攻撃隊の帰還を待って、攻撃準備に入るぞ・・・」

「はっ・・・しかし敵水上部隊の方はよろしいので?」
「フン・・・・護衛戦闘機もない丸裸の部隊、あと2波の攻撃で十分無力化できる。
よしんば力を残していても、オザワの後でどうとでも料理してやるさ」




「山城、傾斜が止まりません!」
「扶桑も総員退去命令がでました!」
「わが愛宕にも・・・・・急降下―、直撃きます!!」

すさまじい轟音と衝撃に、栗田と司令部要員含め、艦橋の全員がよろめく。

696: 俊也 2015/03/22(日)01:31:59 ID:wEG
「左舷に雷跡―ッ!4!」
「回避ィ!」

再び衝撃!
「栗田長官、本艦はもはや・・・・他の艦にお移りください!」
愛宕艦長、荒木大佐の具申である

「う・・・うむ!」
「大和だ、大和に伝達!司令部を移すぞ!」
小柳参謀長が栗田の体を支えつつ、上ずった声で叫ぶ。




大和 艦橋
「すっ、すまぬがウイスキーを・・・体を温めたい」
恐怖と寒さに震える栗田。
グラスに注がれた褐色の液体を飲み干す。

「い、一旦西方へ・・・」
栗田の言葉に、第一戦隊司令、宇垣纏は露骨に不快な表情を浮かべた。
「長官、今は犠牲を顧みず、一直線にレイテを目指すべきでは?」
「あ、あくまで、空襲をやり過ごすためだ。GF司令部にも打電!」
「・・・・・・・・・」

697: 俊也 2015/03/22(日)01:33:56 ID:wEG
第一機動艦隊 信濃

彡(゚)(゚)「やはり、栗田さんは一旦退避しましたか・・・・・」

苦笑で応える小沢。


彡(゚)(゚)「まあ・・・・言うほどこの時点での後退は、間違いとも限りませんけどね。
転進することでハルゼーの索敵圏外に出ますし、結果的には囮作戦の成功につながる選択となるかもしれんです。」



「なるほどな、ではこちらはこちらで派手にかますとしようか・・・・第一次攻撃隊、発艦準備!」

698: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)01:45:14 ID:RFd
12時くらいから読んでたら更新きてたまげたわ

699: 俊也 2015/03/22(日)01:47:09 ID:wEG
米機動部隊 戦艦ニュージャージー

「敵戦爆連合100機以上 まだ増えます!接近中」
「直掩戦闘機隊、発進!!高度4000にて要撃せよ!」

「くっ、先手を打たれたか。先刻の敵偵察機で位置を嗅ぎつけられたな・・・・。」
ハルゼーは手元のコーヒーを飲み干す。

「まあ、向こうの艦載機の攻撃半径が大きい以上は仕方ありません。」
「フン、まあいい、七面鳥打ちにしてやれ!そう練度の高い部隊でもないだろう。」
「御意!」



ズダダダダ・・・・・ガアン!!

零戦が、彗星が、一機、また一機と火を噴き墜ちていく。

「ああん!?だらしねえな!?」
「F**k you!!」
「へい、構わん、殺すぞ!」
「GO!GO!」
ヘリントン少佐配下のF6Fが猛威を振るう・・・・・


701: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)01:51:12 ID:pJH
乙やで!明日(厳密には今日か?)も楽しみにしとるで!

703: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)01:55:46 ID:q3i
乙やでー。

705: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)07:58:00 ID:Cxb
はぁ~^なんやこれ名作やん
彡(゜)(゜)←コイツが所々漏らすお陰で感情移入しやすいわ

708: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)17:42:17 ID:The
>>705
どうして漏らせば感情移入しやすいんですかねぇ…

709: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)19:58:13 ID:qBC
はよう小説まみれになろうぜ

710: 俊也 2015/03/22(日)20:00:28 ID:wEG
それでも、20数機が直掩ヘルキャットの牙を逃れ、どうにか艦隊上空に達する。
「何だ?高度も下げずに、やる気あんのかジャップ!?」
各艦艇のCICオペレーター達がいぶかしむ。

やがて、日本機はぱらぱらと爆弾を落とし始める。

「馬鹿かあいつら!?あんなところから落としてあたるわけねーだろwwww」
甲板上の将兵は嘲笑した。

次の瞬間 爆弾が空中でつぎつぎと破裂し始めた

「!?」










青ざめたのは各艦のレーダー手たちであった。




「レーダーに異常!!無数に光点が・・・・・・・」
「なんだ!?なにが起きて・・・・・・」
「ジャアアアアップ!!大量のアルミ箔をばらまきやがった!!」
「F**k!!チャフか!!」



ハルゼー、マグカップを床にたたきつける・・・
「閣下、これでは電波管制も統制射撃も!!」
「んなこたぁわかっとる!!各艦個別に目測射撃!!ヘルキャットも予備を上げろ!!」
「6時方向より、敵機侵入!!先刻とは別の梯団です!!」
「ぐ・・・・」

やられた・・・・・
やつら一回限りの、究極の禁じ手を使ってきやがった!!

711: 俊也 2015/03/22(日)20:01:49 ID:wEG
「ボフォース斉射!死守だ死守!!」
「急降下―!! 4機きます!」
「左舷!雷跡3!!」

まず、空母レキシントンⅡに爆弾2発が叩きつけられる

戦艦ワシントンに魚雷1発が、軽空母モンテレーには魚雷と爆弾1発づつが・・・・

火だるまになった一機の彗星が、空母バンカーヒルに突っ込む。

戦艦アイオワの舷側には、同様に天山が体当たりした。


相次ぐ被害報告。

しかしF6F部隊も決死の防戦、味方の対空砲火圏内に踏み込んでまで、日本編隊の阻止にかかる。

日本側も、出撃360機のうち285機を喪う大打撃をこうむったのである・・・・

713: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)20:09:14 ID:l2p
待ってたで!

715: 俊也 2015/03/22(日)20:28:34 ID:wEG
ようやく、米艦隊にとっての悪夢が過ぎ去る。

大破と言えるのは、空母レキシントンⅡ、軽空母モンテレーのみ

しかし、空母部隊の半数、戦艦、巡洋艦の3分の2が、軒並みなにがしかの損傷を受けていた。



ニュージャージー 艦橋

猛牛と言われた男は、沈黙していた。

むろんそれは、津波の直前の海面の静けさである・・・・・
そしてその沈黙はすぐに破られる。

「カーニー、直掩戦闘機50機、それだけ残し、残りはすべて発進させろ。
・・・・・俺は甘かった、奴らの覚悟の程をナメていた・・・・皆殺しだ。」
「ぎ、御意!!」

キルザジャップ!!

怒りと憎悪の叫びを上げながら、パイロットたちはめいめいの機体に乗り込む。

4割の空母が発艦不能になったとはいえ、720機。

今次大戦における、最大級の大編隊による一斉攻撃である。


716: 俊也 2015/03/22(日)20:30:10 ID:wEG
「敵戦爆連合500・・・いや、ゆうに600以上が接近中!」

「突っ込んできたな・・・・GF司令部および栗田艦隊に打電!ワレ敵空母部隊の誘致に成功セリ・・・・と!」

彡(゚)(゚)「小沢長官、複数のチャンネルで、複数回打電を・・・・。まちごうても、栗田艦隊に届かない、ということがないように・・・・。」

「うむ、わかっている!」

「343空は全機発艦せよ!!」


彡(゚)(゚)「ほな、ワイは暴れてきますわ!!」

ほぼ全機を攻撃隊に送り出し、生き残りも地上基地に向かわせてしまった小沢艦隊の直掩は、わずか・・・・
「我々紫電改40機のみだ。数的にはあきれる程劣勢だが、一騎当千の
貴様らベテランにこの新鋭機ならば、一泡吹かせられる筈だ!目にもの見せてやれ!!」



指揮官 鴛淵大尉が檄を飛ばす。


彡(゚)(゚)「よっしゃ!しっかりついてくるやで!今日は全員敵機食っていいぞ!!」

(´・ω・`)「おう!」

718: 俊也 2015/03/22(日)20:35:06 ID:wEG
一方、栗田艦隊である・・・・


「小沢艦隊より入電!敵空母部隊の誘引に成功した模様!」

「長官!もはや躊躇する理由はありませんぞ!!」

「う、うむ・・・・」

「長官!!」


宇垣は声を荒げる

「さ、再反転!0200までにサンベルナルジノ海峡を突破し、レイテに向かう!」



「はっ!」

719: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)20:36:09 ID:pJH
栗田ターンターンキターーーー(°∀°)ーーーーー!

720: 俊也 2015/03/22(日)20:37:26 ID:wEG
米第7艦隊&第6軍輸送船団


「まーだ時間かかりそうですかねえ?」


輸送艦ワサッチ座乗の第7艦隊司令長官キンケイドへ、マッカーサーからの催促の無線電話であった。


「元帥閣下、逸るお気持ちは判りますが・・・・上陸はせめて夜が明けるまでお待ちを。日本の一部艦隊の動向も不透明・・・・」

「んふふ。判ってますよお・・・・言ってみただけです。英雄の帰還は、輝く太陽のもとでないと様になりませんからねえ・・・」

「・・・・・・・」



(付き合いきれん・・・それにしても、ハルゼー提督は敵空母部隊殲滅にしゃかりきになっているが、水上部隊の方は本当に撃退したのか?

見切り発車で上陸開始になってしまいそうだが・・・・)

721: 俊也 2015/03/22(日)20:39:01 ID:wEG
今宵はこれまでと致すやで!

あす以降、いよいよ大詰めや!

726: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)21:39:15 ID:Xyt
キテター!
ええかっこしいのマックに一泡吹かせたってや!

727: 名無しさん@おーぷん 2015/03/22(日)21:51:28 ID:VyK
はよ最後まで書けやコンラッド(自分のペースでええんやでコンラッド)

731: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:07:57 ID:nL9
そして、黎明・・・・


「準備砲撃開始!!」
オルデンドルフ少将率いる旧式戦艦部隊が、一斉に艦砲射撃を開始する。


キンケイドも、一時の逡巡を封じ込める。
やはり、一気に決めるべし!上陸作戦開始!!

上陸用舟艇の群れが、一気に海岸線との距離を詰めていく。
わらわらと、完全武装の兵士たちが舟艇から降りてくる。

「0-10ライン確保!」
「GO!!GO!!GO!!」
「止まるな!一気にいけ!!」


彼らの頭上を、護衛空母からの艦載機が通過し、はるか前方の日本軍が潜んでいると思しきジャングルに爆弾やロケット弾を叩き込む。

「最初の10万の上陸は夕方までかかりそうですね。私は橋頭堡が出来てから・
・・・そう昼過ぎに上陸するとしましょうか。」
マッカーサーはコーンパイプをくゆらせつつ、ナッシュビルの艦橋で高みの見物を決め込んでいた・・・・



エンガノ岬沖 小沢艦隊周辺上空

彡(゚)(゚)「喰らえ!!5機目!!」

この決戦の為、陸軍の整備マニュアルを参照し、テキサコの良質オイルを使い、
ベストコンディションに仕上げた紫電改搭載の誉エンジン。
ヘルキャットをはるかに上回る640キロの快速と、自動空戦フラップがもたらす旋回性能を、
歴戦の搭乗員たちが最大限に発揮し、恐るべき戦闘能力を振るう343空。



「なんだ、テメエら・・・・」
「F**k you!!」
「ゼロじゃねえ!!ヘルキャットより速ええ!!」
「ぐわああ喰われる!!」

732: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:08:51 ID:040
きた

733: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:09:12 ID:ovM
おっ、始まったか

734: 俊也 2015/03/23(月)20:11:02 ID:nL9
それでも圧倒的な数の暴力にものを言わせ、空母群に殺到する米編隊。

伊勢、日向の零式弾やロケット砲を前に少なからぬ被害を出しつつも、攻撃態勢に入る!

「な・・・・なんだあの空母」
「で、でけえ・・・・・」
「どっちにしろやるぞ!!」

500キロ爆弾が信濃に数発叩き込まれる・・・・が・・・・

カスが効かねえんだよ!

「なぜだ!?直撃の筈だ!」
「シット!あれも装甲甲板か!」
「魚雷も・・・・もう4本は当ってるぞ!!」

信濃、大鳳は、マリアナ以降さらに強化された装甲防御力をフルに活かし、米機の攻撃を吸収し続ける。

735: 俊也 2015/03/23(月)20:11:59 ID:nL9

サマール沖 米第77任務部隊 護衛空母群

「な・・・・なんだあれは・・・」
「司令部に伝達!敵の水上部隊!戦艦5、重巡6以上!!大部隊だ!!」
「馬鹿な、なんでいきなり・・・・・」

夜明けまで、日本航空部隊の散発的な襲撃への対応に忙殺されていたとはいえ・・・今の今まで気づかなかったとは!

栗田艦隊旗艦 大和

「あれは・・・・・もしや敵正規空母群!?」
「いえ、長官。ハルゼーの空母群はまだ北方の筈。それに例の未来予知でもここにいるのは
小型空母群とのことでした・・・・まあ私個人はあまり信じませんが・・・・いずれにせよ、砲戦の指揮は私が執りましょう」



「う、うむ、頼むぞ、宇垣君。」

そこへ緊急電が飛び込む。

「最上座乗の西村中将より打電!敵空母への砲雷撃はわが艦隊と志摩艦隊とで行わんとす!第二艦隊戦艦群は後方よりの牽制射撃に当られたし・・・・・」

「ほう・・・・」
宇垣は軽く口元を緩める。
「承知した、と伝えよ!」

護衛空母群にむけ、猛然と砲雷撃を開始する西村&志摩艦隊

米側も必死である、水雷戦隊が肉薄し、最上以下の日本艦隊と殴りあいになる。
栗田艦隊の水雷部隊も加勢。

十分な距離を取った上で、戦艦部隊も掩護砲撃を開始した。

736: 俊也 2015/03/23(月)20:13:47 ID:nL9
「スプレイグ少将より緊急電!敵水上部隊と遭遇戦!救援を求めています。」
「な・・・んだと」
キンケイドは青ざめた。
しまった・・・・
最悪のタイミングだ。


下手したら数時間で奴らが殴りこんでくるということだ。

痛恨のミス・・・・、せめて2時間様子見してから上陸判断を下すべきだった・・・・。


「ってか、ハルゼーは何してやがる!!太平洋艦隊司令部から呼び出させろ!!・・
・・・あとスプレイグには・・・・そこで可能な限り時間を稼げと伝えろ!」



遭遇から2時間後・・・・
スプレイグの護衛空母6隻は全滅した。
が、彼らの艦載機を発進させての必死の防戦により、最上が沈み、西村中将も戦死。
西村&志摩艦隊はほぼ壊滅したのである・・・



また、艦列を組み直し、南下を再開する前後、他の護衛空母艦載機の空爆を受け、鳥海、筑摩が落伍した。

それでも、栗田艦隊はレイテ泊地まで2時間弱の距離まで進出したのである。

737: 俊也 2015/03/23(月)20:15:42 ID:nL9
第三艦隊 戦艦ニュージャージー
「手を緩めるな!オザワの艦隊はすべて海の底に沈めろ!」
ハンバーガーを齧りつつ、督戦するハルゼーのもとに、カーニー参謀長が駆け寄る
「閣下!緊急電です、太平洋艦隊司令部より・・・・」
「ああん!?」
「レイテに敵水上部隊が迫りつつあり、貴艦隊はいずこにありや、全世界が知らんと欲す!」
「・・・・・・・!!!」



どうする・・・・
もう3分の1の戦力は揚陸させてしまった
キンケイドは極限の選択を迫られていた。

一時避退を決断するなら、いまだ。マッカーサー将軍に連絡を・・・・・
「提督!マッカーサー将軍より無線電話が入っております!」
「!?」


「ああ、提督、御気分はいかがですか?」
「・・・・最悪ですな。というより、閣下の方も安穏とは・・・・まずはここは・・・」
「なりませんよ。」
「は?」
「日本人に、東洋のサルたちに、今ここで背中を向けることは、合衆国が許しません。
あなたの艦隊は飾りですか?全力で頑張ってみたらどうです?」
「な・・・・・」
「では健闘を祈ります。そのうちハルゼーの猪も来てくれるでしょう。
私は記者を連れて、上陸の絵を取ってもらわないとなりませんので・・・」

738: 俊也 2015/03/23(月)20:18:06 ID:nL9
エンガノ岬沖

小沢“艦隊”とよべるものは、もはや残ってはいなかった。

彡(゚)(゚)「ワイら紫電改も相当落としたが、衆寡敵せずほぼ全滅や・・
・・・信濃、大鳳もさすがにもたんかったか・・・・」

(´・ω・`)「お兄ちゃん!あそこ!」

彡(゚)(゚)「ファッ!?瑞鶴生きとる!奇跡や!」




彡(゚)(゚)「小沢長官!ご無事で!」


さすがに憔悴している機動艦隊指揮官
「君らも・・・・しかし343空の連中は・・・・何人かは救助されてるようだが。艦艇も軒並み全滅・・・・・ハルゼーは十分すぎる程吊り上げたとはいえ・・・・」
(´・ω・`)「栗田艦隊は突入してくれるでしょうか?」
「わからぬ・・・・栗田の決断と・・・あとは歴史の波に、勝てるかどうかだな。」

栗田艦隊 旗艦 大和

「北方、ヤキ1カに敵機動部隊だと!?」

740: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:22:08 ID:ezc
さあどうする栗田さん

741: 俊也 2015/03/23(月)20:23:42 ID:nL9
「宇垣君、あくまで艦隊決戦を求め、北方に反転するべきでは!?」
「何を申される長官!?レイテまであと1時間ですぞ!?そこにいるのは先刻同様の補助的な護衛空母群です!まだハルゼーの本隊ははるか向こうだ!北方の小沢艦隊が攻撃受けている以上は、彼らは留まって自軍の艦載機群を収容しなければならないわけですから!」
「一部の正規空母群を、2つ3つ分派している可能性がある。だとしたらそれを・・・・」
「ですがその分散した一部を叩いても全体の勝利は確定しない!だがレイテに直進すれば、決定的な勝利を手にする好機がある!何を迷うことがありましょうや!?」

実際には・・・・ハルゼーは激怒しつつも迅速で的確な判断を下し、高速戦艦と健在な空母を基幹に救援部隊を自ら率いて全速で南下していたのだが。

「ただその一部でも、放置すれば空襲の脅威が残ってしまう・・・・」
「今更最大の獲物を前に、犠牲をいとってはいられないでしょう!そもそも反転して捕捉できるかもわからない敵より、直進すれば確実に逃げようのない敵を・・・・・」
「いや、やはり反転しよう。やはり・・・そもそも航空掩護のない状態で、これ以上は・・・・
叩くとすれば空母部隊から・・・・・反転だ。各部隊に伝達!」

742: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:25:11 ID:ezc
やはり駄目か…間違った判断ではないけど

743: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:28:58 ID:4g8
突入しなかったか・・・

744: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:29:12 ID:oRY
ファーwwwww歴史の波には勝てないはっきりわかんだね

745: 俊也 2015/03/23(月)20:31:46 ID:nL9
宇垣は、天を仰いだ

最大最後の戦機去る! 


もはやわが水上部隊に・・・・・・・・・






頭上から轟音・・・・・敵機・・・・・・ではない!

「友軍機、50機以上!戦闘機です」
「しかもあれは・・・・陸軍の四式戦です!!」
「なんと!!」
各艦の甲板上から水兵たちが歓声を上げた。

「まーったく世話の焼ける・・・などどいったら、怒られますよね、加藤隊長・・・・」
飛行70戦隊指揮官 檜與平少佐。
周辺空域をデモンストレーションしつつ、そうひとりごちる






「長官・・・・長官!」
「う・・・・ああ。」
「行きましょう!敵はあちらです!」



栗田は震える体をなんとか支え、海軍人生最大の決断を絞り出した

「全艦隊、このまま直進、レイテ湾口へ向かう!!」

746: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:32:30 ID:4g8
キターーーー(°∀°)ーーーーー!

748: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:34:19 ID:gDT
これは熱い

749: 俊也 2015/03/23(月)20:35:42 ID:nL9
すんまへん。本日はここまで!
あすはいよいよ・・・・お楽しみにやでww

752: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:37:40 ID:oRY
歴史に波に打ち勝ったね(テノヒラクルー)

753: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:38:21 ID:gDT
ゥーする余裕がないくらい楽しみンゴ待ってるンゴ

755: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:42:22 ID:3sV
やっぱ栗田君の転進を…最高やな!

758: 名無しさん@おーぷん 2015/03/23(月)20:49:45 ID:ezc
名将栗田や!信じとったで!

770: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)19:44:53 ID:5UZ
こんな歴史やったら満洲で死んだワイのジッジも戦争生き延びてワイの顔を見られる機会もあったんやろか……

771: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)19:45:43 ID:KvT
バタフライ効果ってのがあるしなぁ・・・どうなるかわからん

772: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)20:02:30 ID:bMZ
やべえよ・・・やべえよ・・・・

レイテ湾口の第7艦隊の将兵たちの間には、徐々に動揺と焦りが広がりつつあった。
しかし、戦うしかない。

「うろたえるな!われわれだけが戦うとしても数的優勢は変わらん!!全艦隊、砲雷撃戦用意!」
キンケイドの号令一下、艦列を整える第7艦隊。
基幹となるのは旧式とはいえ、レーダー統制射撃可能な強力な戦艦6隻である。
そして巡洋艦、駆逐艦 魚雷艇併せれば、大小100隻に迫る大艦隊である。


そう・・・・ハルゼーの援護がなくとも負けない筈。

やがて戦艦群のレーダーが、日本水上部隊の姿を捕捉。
肉眼でも互いのマストが見えるところまで迫っていた。

774: 俊也 2015/03/24(火)20:04:21 ID:bMZ
「敵水上部隊を発見!」
「第二戦隊は同航戦の体勢に、水雷戦隊も合戦準備!」

肚をくくった栗田が号令をかける。

「前方、敵水雷戦隊!」
「ぐ・・・・」

数が多すぎる。
へたすると戦艦部隊や上陸部隊にたどり着けないかも・・・

やはり、虎口だったか・・・・・
栗田は唇を噛む。
上空直掩の疾風も、護衛空母艦載機との空戦に忙殺されている。


前衛の敵駆逐艦が、雷撃態勢に入ったとき・・・・
その駆逐艦に爆弾が炸裂した!


「野中一家、はるばる台湾より推参!待たせたな!」
野中大佐率いる銀河55機、一式陸攻70機 飛龍30機・・・・

本土にて錬成、温存されていた一定以上の練度を持つ陸攻隊が、この最終局面に根こそぎ駆けつけたのである!

そして・・・・・

F4U、アベンジャーが立て続けに火だるまになる。

「ようやく、艦隊の直掩に入れる。いままでほったらかしにしてすまんな!」
第一航空艦隊戦闘機隊、魔王・西沢広義飛曹長である。

フィリピンの最後の海軍航空戦力に、小沢機動部隊の残存兵力が合流。
零戦60機(うち爆装20機)、彗星85機・・・・

日本陸海軍、フィリピン決戦最後の全力攻撃である!

775: 俊也 2015/03/24(火)20:10:51 ID:bMZ
「一航艦が・・・・陸攻隊が・・・・ありがたい・・・」
「長官、この機を逃す手はありませんぞ!敵水雷部隊が抑えられているうちに!」
「う、うむ、砲戦準備!」



「やはりヤバい(再確認)」

キンケイドは脂汗をかきつつ、それでもオルテンドルフの戦艦部隊に指示を下す。

「主砲―距離1万!!敵戦艦は5隻!!」
「各艦、レーダー照準出来次第砲撃開始!」
「ファイヤー!!」
落雷のような轟音が立て続いて響く。




大和 艦橋
「敵戦艦6隻、各個に光学照準でいけ!!今こそ腕の見せ所だ!!」
宇垣が叱咤する!!
「一発敵主力艦轟沈」大和級戦艦の悲願が遂に・・・・まさに天佑!!


「目標敵一番艦 主砲、距離1万・・・・・うちーかたーはじめい!!」
「うちーかたーはじめ!!」
明らかに、米艦隊のそれとは別格の、大気を砕くような爆音。


戦艦ミシシッピの周辺に、巨大な水柱が上がる!!
旗艦ルイビルの艦橋からそれを目の当たりにしたオルデンドルフの顔色が蒼白となる。
「な・・・・・なんだあの大きさは・・あの主砲・・・明らかに口径40センチではないぞ・・・・」

「モンスター・・・・・」

キンケイドも絶句していた。

776: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)20:14:28 ID:Uun
大和キター!

777: 俊也 2015/03/24(火)20:17:06 ID:bMZ
「第二斉射、敵一番艦二番艦に命中!!」
「だめだ、敵砲撃止まりません、来ます!!」

ミシシッピに至近弾・・・・そして・・・・・

「アッー!!ウェストバージニア被弾!!・・・・そんな・・・・ただの一撃で・・・」

真珠湾の悪夢からよみがえった武勲艦は、いまや今度こそ冥府に召されようとしていた。


「クソ!!あのモンスター2隻に集中砲火だ!!」
立て続けに吠える5隻の戦艦。

大和、武蔵の周囲に爆炎と水柱が上がる・・・・

が・・・・


表層の高角砲、機関砲群はなぎ倒されたが、双方とも艦自体は小揺るぎもしない。

「悪魔か・・・・・」

その悪魔が、さらなる鉄槌を振るう!
「メリーランド、2発命中!」
「カルフォルニア、艦橋に直撃!艦長ら消息不明!」


2隻の駆逐艦が、日本航空部隊と水雷戦隊のガードを交わしつつ魚雷を放つ!
1本が大和、2本が武蔵に命中する。
その上空からさらに米戦艦の砲弾が降り注ぐ・・・・

が・・・・・


「シット!!ペンシルベニア大破!!」
「テネシー火災発生!!」

「ミシシッピも・・・敵機および敵駆逐艦より被雷!」

「そんな・・・・ものの20分で戦艦5隻が・・・・・」
茫然自失のキンケイドとオルデンドルフ。

778: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)20:21:45 ID:r6b
鳥肌ヤバい

779: 俊也 2015/03/24(火)20:22:26 ID:bMZ
それらをあざ笑うかのように、2隻の超戦艦は、砲口の向きを変える。

長門、金剛、榛名もそれに倣う。



「なんてことだ・・・なんてことだ・・・・」

キンケイドは頭を抱えた。
あの巨砲の向く先には、無防備な輸送船と上陸中の部隊が・・・・

阻止しようにも、まだ周辺には日本軍機が乱舞している。
撃ってもあのタフネスでは・・・・

そして・・・・帝国海軍5戦艦は咆哮した!


781: 俊也 2015/03/24(火)20:25:06 ID:bMZ
「なかなかキンケイドは苦戦しているようですね。日本軍の最後のあがきでしょうが」

マッカーサーは、内陸部3キロのジャングル内に設営されたテント内にいた。

すでに心は、さらなる奥地への侵攻計画にあった。

そのマッカーサーの耳に、この日何度目かの轟音と金属めいた飛翔音・・・・・

「閣下、音の向きが変では?まさか・・・・」

軽く顔をしかめるマッカーサー

次の瞬間、地鳴りと激震、そして悲鳴・・・・

「敵の艦砲射撃です!!」
「そんな・・・キンケイドは何をしてるんだ!?」
「閣下、お逃げください!!」
司令部スタッフ達は色めき立つ




「心配はいりません」
マッカーサーは、悠然とパイプを咥えたまま、椅子の上で足を組む。



「私に砲弾は当りません」

「・・・・・・・・・!」


「キンケイドにも、ハルゼーにも、ニミッツにもがっかりです。やはり英雄と言えば、この・・・・・・」





次の瞬間 閃光と砂塵と共に、すさまじい爆音が響き渡る・・・・。


783: 俊也 2015/03/24(火)20:27:16 ID:bMZ
もはや一方的虐殺であった。


日本戦艦の斉射のたび、上陸用舟艇が、装甲車両が、そして人間が木端微塵となって消し飛んでいく。

空襲をかいくぐりつつ、散発的に、米艦艇が阻止砲撃を試みるが、力士に軽量級ボクサーが殴り掛かるようなもので、

さしたるダメージも与えられない。殺戮がやむことはなかった。


海軍軍人としての、私のキャリアは終わったな・・・・

キンケイドは、心臓をわしづかみにされたような思いで、眼前の惨状を見ていた。


真珠湾を蹂躙されたときのキンメル提督も、こんな思いだったのだろうか・・・・

785: 俊也 2015/03/24(火)20:36:04 ID:bMZ
と、その時・・・・・
艦橋に、一人の通信士官が飛び込んできた。

「閣下!ハルゼー提督の戦艦部隊です!!距離20キロにまできています・・・・」
「マジかよ!!待たせやがって!!」
「騎兵隊の到着だ!!」

喜びに沸く司令部。





ハルゼーは阿修羅の形相となっていた。
「ジャップ・・・好き放題やってくれた礼はするぞ、リー中将!!」
「御意!レーダー射撃、用意!!」


ニュージャージー以下、新鋭戦艦群の高初速40センチ砲が一斉に火を噴く。




「来たか・・・・ただでは帰してくれんだろうな」

大和艦橋で、宇垣はつぶやく・・・・

「被弾!!第三砲塔、旋回しません!!」
「武蔵も・・・・前部副砲塔から火災!」
「榛名、傾斜が止まりません!」
「熊野、利根も大破・・・・・・」


「長官・・・・」
「うむ、やれることはやりつくした、脱出しよう!!」
「御意!全艦、最大戦速で離脱、スリガオ海峡側からいっきに抜けるぞ!!」


各艦が一斉に南西に転進する。

786: 俊也 2015/03/24(火)20:43:53 ID:bMZ
「いまさらこのハルゼー様が逃がすと思うか!撃ちまくれ!!
水雷戦隊は先行して頭を押さえろ!!」


追いすがる第三艦隊。

次々と落伍、撃破される栗田艦隊艦艇。

「厳しいか・・・・・」
宇垣は拳に力をこめる



全滅もありうるな・・・・・・


そのとき、艦橋の左舷後方の窓に映る武蔵が、ぐわっと回頭した。



「む、武蔵より打電・・・本艦機関出力低下の為、殿を務めんとす。本艦に構わず脱出を・・・・
帝國連合艦隊の武運長久を祈る、と・・・・・・」


通信士官の声は震えていた。

栗田も宇垣も、ただただ絶句するほかなかった。


「敵戦艦の一隻が回頭!ちょうど海峡をふさぐ位置に・・・・われわれに砲口を向けつつあり!」

「ほう、見上げたガッツだ。」
ハルゼーに、老練なリー提督が応える。
「彼らの言う武士道というやつでしょうか、ならばお望み通り、殉死させてやりましょう。」

788: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)20:45:59 ID:KvT
武蔵・・・(`;ω;´)

789: 俊也 2015/03/24(火)20:47:26 ID:bMZ
アイオワ級新鋭戦艦群が、一斉に咆哮した。
水雷戦隊も魚雷を射出する
炎と爆風に包まれる武蔵

が・・・・・

「なに!?」

武蔵の牙は、まだ死んでいなかった。
9匹の炎の龍が、巨体から繰り出される。

「・・・・・!!アイオワ、被弾!!」

「第二斉射、ファイヤー!!さっさと仕留めろ!!」

命中!!


しかし!!


「敵斉射来ます!!」

「アッー!!サウスダコタが・・・・・」


なんなんだこいつ・・・・・


本当に悪魔なのか。


米海軍将兵は戦慄した。

「うろたえるな、確実に次を叩きこんで仕留めればよい」
リー提督は冷静に言い放つ。

第三、第四斉射・・・・
それでも武蔵は反撃し、ニュージャージーに至近弾を与える!

が、第六斉射でついに全主砲塔を潰され・・・

ようやく、武蔵は沈黙し、ゆっくりと傾いて海中に没していった。

793: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)20:54:44 ID:Uun
おぉ…もう…

795: 俊也 2015/03/24(火)20:56:53 ID:bMZ
「すまぬ・・・・・」
後方海域に向け、栗田艦隊の将兵は内心で手を合わせ、あるいは敬礼した。




その後の追撃を辛うじて逃れ、中途で金剛を潜水艦により撃沈されるも、栗田艦隊の残存兵力は
ブルネイにたどり着くこととなる。

大和、長門のほかは軽巡矢矧と駆逐艦10隻のみ。

小沢艦隊も本土に帰り着いたのは瑞鶴と駆逐艦6隻。

航空機は陸海軍合わせ、実に950機を喪失・・・・・


敵レイテ攻略陸軍部隊9万超を死傷させ、米第7、第3艦隊の8割の艦艇になにがしかの損傷を与え、

敵のレイテ上陸阻止という戦略目的を達成した代償はあまりにも大きかった。

だが!・・・それでも、歴史の流れを大きく変える一撃である・・・・・・!








彡(゚)(゚)「は^~瑞鶴の艦尾で脱糞気持ちええんじゃ^~」

797: 俊也 2015/03/24(火)20:58:27 ID:bMZ
本日はここまでと致します。
明日よりは、いよいよ終戦工作も含めて諸々描いていきます
今しばらくお付き合いをば!w

799: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)21:00:40 ID:Uun
>>彡(゚)(゚)「は^~瑞鶴の艦尾で脱糞気持ちええんじゃ^~」
なーにやってだこいつは

803: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)21:10:05 ID:vEk
脱糞で終わるのか(困惑)

806: 名無しさん@おーぷん 2015/03/24(火)22:08:41 ID:EHU
英霊たちの眠る海に脱糞することで快感を覚える帝国軍人の屑

821: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)12:47:01 ID:SFn
livejupiter-1426080488-821-490x300


824: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)12:55:28 ID:Pfb
>>821
ブレないな

825: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)14:14:58 ID:JZS
>>821
釣れる(確信)

829: 俊也 2015/03/25(水)19:57:27 ID:2YD
ワシントンDC ホワイトハウス

「どういうことかねこの体たらくは!海軍の全力をつぎ込んでこれか!これでは私がフィリピン攻略を裁可したのが大きな間違いということではないか!しかも、ヨーロッパ戦線でもナチスドイツの一転攻勢にいま難渋しておるという時に・・・・」

大統領に叱責されているのはニミッツと・・・・・そして半身を包帯で覆われながらも
健在?なマッカーサーであった。

「まあどう考えてもそれらはニーミッツ君の失態でしょう。一体!どう責任を取るおつもりですか?
大統領にご説明なさい」

「ぐ・・・・・それは無論・・・・半年・・・、いや3か月あれば機動部隊を再建して・・・・」

「その間奴らだって馬鹿じゃないでしょうから戦力を整えますよ?言っておきますが陸上戦力には余裕ありませんからね?精鋭が誰かさんのおかげで消耗してしまいましたから・・・・」

「そこでだ・・・・」

不毛な対決にルーズベルトは割って入る。

「昨日より、サイパン基地からのB29爆撃機による日本空爆がようやくスタートした。
これにより日本の工業、軍事施設を破壊し、戦争能力を奪う。両名は、その空襲で
完全に干上がった後の日本本土の攻略作戦を、6月ごろに照準を合わせ計画し直して欲しい。そのころまでには、さすがにドイツも片付いているであろう。」

831: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)20:00:37 ID:KZ1
来たか!さりげドイツ出てきとる

832: 俊也 2015/03/25(水)20:03:45 ID:2YD
1944年も間もなく終わるころ、超空の要塞・B29は、まず日本の各工業地帯を狙って大挙襲来した。
日本戦闘機がまともに戦えない高高度一万メートルから悠々侵入してくるこの脅威に対し、

日本は主要都市、重要施設周辺に新鋭の5式15センチ高射砲を急遽集中配備した。

陸軍はこの砲を、一部航空機、装甲車両用の資源を流用してまで優先的に緊急生産していた。

このためB29は空爆のたび、無視できぬ損害を出した。
また高高度からの精密爆撃は、2割を切る精度であることも判明していた。



一方、ヨーロッパ戦線も混迷の度合いを深めていた。

クリスマス前に決行されたナチスドイツ軍のアルデンヌ総反攻。
ヒトラー総統の破れかぶれの無謀なギャンブルに見えたそれは、しかし・・

・・観測史上かつてない規模と長さで悪天候が年明けになっても続いたことで、

航空優勢が全く生かせぬままドイツ機甲師団の蹂躙を許すというまさかの悪夢を連合国にもたらしていた。

また天候回復直後にドイツ空軍の奇襲を許し、1000機を超える航空機を喪ったことも響き、新型ジェット機を大量配備したドイツ空軍に対し、

本土空爆の犠牲も徐々に増えていた。

東部戦線のソ連軍も伸びきった補給戦と、マンシュタイン将軍らの巧みな防御戦により、ポーランド占領以降は足踏みが続いている・・・・

米国内メディアでは「日本と講和し、ナチス打倒に傾注すべきでは?」という論調も出ていた。

834: 俊也 2015/03/25(水)20:12:49 ID:2YD
そんな中・・・・
明けて1月20日


サイパン基地

巨大なB29の格納庫前に整列させられるパイロット達
「ハンセル司令が更迭されたってマジかよ?」
「ああ、高高度爆撃の命中精度が悪いから・・・が理由だそうだ」
「それで今日、俺たちの新しいボスがご着任ってわけさ・・・・おっ、あの男か。」


進み出る一人の将官。
立派な体躯だが、爬虫類のような目が妙に不気味な光を放っていた。



「カーチス・ルメイ少将に敬礼!」



男は無言で、パイロットたちの顔をねめつける。
そして、一枚の・・・・爆撃機の命中精度を表した・・・・資料を掲げる。




そして開口一番




「なんなのよあんたたち!!全然効果上がってないじゃない!!国家から最高の装備を預けられて・・・

・・・しかもそれらはタダじゃないのよっ!!」

「・・・・・・(驚愕)!!!??」

「これからは爆撃法をがらりと変えます。空爆時は極力エンジンに負担をかけない低空飛行で、

その代りガッツリ搭載爆弾を増やしてもらうわよ。そして爆撃対象を、都市部全域に広げます。」

838: 俊也 2015/03/25(水)20:17:12 ID:2YD
ファッ!?

「なにか質問はあるかしら?」

「サー、恐れ入りますが都市部の一般市民巻き込む空爆は国際法違反では・・・・人道的にも・・・女子供を意図的に巻き込むのは・・・・・」



無言で発言の主の青年士官の前に進み出るルメイ

そして、やおらその男の股間を掴む


「ングッ、ンアアアア・・・・・・!?」

「いいこと?国家があんたたちに求めているのは聖人君子たることではないわ・・・・・
絶対に勝つこと!よ!
日本では一般家庭でも、女子学生が兵器のネジを作っていると言います。

だとしたら元から禍根を断つのが戦略の常道よ!
人道など、正義だのは、勝ったものが後から決める事なの!!
今後そういうことでウダウダ言ったり、任務をためらったりしたら・・・・・。」


ルメイは男の大胸筋をもみしだく



「わかっているわ・・・よね?」



「イ、イ、イエッサアッー!!」


840: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)20:23:01 ID:i5g
ひえええ

むっちゃ嫌なツボやわwww

841: 俊也 2015/03/25(水)20:23:52 ID:2YD
1月25日 

「敵B29 300機以上が帝都に侵入中!!搭乗員は発進準備!!」

彡(゚)(゚)(きたで・・・・ワイの302空での初仕事や・・・しかしヨーロッパ情勢と言い、

今日の(おそらく)東京大空襲といい、歴史が大きくねじれて加速してる感じや・・・)

「おぅやきうの兄ちゃん!!」

彡(゚)(゚)「赤松さん・・・・って、酒くさっ!なに飲んでんすか!!」
    
「あーこんなもん飲んだうちに入んねえよ。つうか、どうよ兄ちゃんも?」


彡(゚)(゚)「いらんっすよ!酔っ払い操縦がいいわけないでしょ!!」
彡(゚)(゚)(とはいえ、赤松さんはあの雷電で、しかも夜間によう戦うで・・

・・さすがや。あと紫電改のワイ以外は夜戦の月光で出撃か・・・・)


東京下町

「逃げろ!逃げろ!」
「アメ公、B29をかつてないくらい繰り出してきてるようだぜ!!」
「防空壕、防空壕!」
「皇軍の戦闘機は・・・・」
「んなもんあてになるかよ!」



銀色に不気味に輝く怪鳥の群れが、帝都の空に姿を現した。


彡(゚)(゚)「死ね(直球)日本の空から出ていけっ!!」
決死の正面攻撃の一航過で、コクピットを粉砕されたB29が墜ちる。
彡(゚)(゚)「赤松さんも・・・・あっ、また一機落とした。あんひとはすごいでホンマ・・・」
彡(゚)(゚)(とはいえ、焼け石に水なんだよなぁ・・・・糞っ!!)

眼下の市街は、地獄の業火・・・・・

「熱いよぅ熱いよぅ父ちゃん!母ちゃん!」
「は、はなしてくれ、家の中にはまだ嫁とチビが・・・・」
「まずいですよ!!火が回ってる、もうだめだ玄さん・・・・」
「くそっ!どこを見渡しても火の壁だ!どこにも逃げられねェじゃねーか!」
「せめてこの子だけは・・・・・」


“史実以上”の規模で行われた東京大空襲 やはり、10万に近い命が失われたのである・・・・・

843: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)20:27:33 ID:i5g
エエエ・・

アカンやんけ・・

846: 俊也 2015/03/25(水)20:29:00 ID:2YD
翌日、廃墟と化した市街地に立ち、あたりを見渡す数名の人影が在った。


「これは・・・言葉が見つからぬ・・・・一刻も早く戦を止めなければならぬ」
「恐れ多きお言葉・・・この東條身命を賭して時局の収拾に努めまする。ですが国体護持のこともございますゆえ、
最高戦争指導会議にまずは諮りませんと・・・」
「とにかく、急がねば多くの命が失われる、わたくしも必要とあらばいつでも国民に話をする故・・・・」
「ははっ!」

848: 俊也 2015/03/25(水)20:40:33 ID:2YD
同日夕刻、首相官邸 とある一室での秘密面談

「すまぬな・・・お上のご意志もはっきりした今、改めて講和に向けて貴君の意見を直接聞きたいと思ってな・・・・」


彡(゚)(゚)「お、おそれいります。



まずは、連合国への大きな譲歩を見せなければなりません。
フィリピン撤収はもちろん、満州、朝鮮からの段階的撤兵・・・これは防共の為米軍に立ち会わせるという形式を提案します。
そして勅命を賜るという形で新憲法制定。軍統帥権の一本化と文民統制化、普通選挙権を20歳以上の男女全員に付与する形での完全民主化・・・・

要するに、“史実”の無条件降伏の結果としてもたられた結果に近いものを、自発的かつ柔軟な譲歩および国内改革をもって再現して見せることです。

むろん私刑的な戦犯裁判や、行き過ぎた国防否定の考えなどは排除して・・・・」

「なるほど・・・いずれにせよ、わが帝國は大きく変わらねばならぬということだな。しかし・・・・」

彡(゚)(゚)「はい。軍強権派は納得しないでしょう。最悪クーデターを起こす可能性もあります。お上の聖断を

賜ってなお、そういう動きは出てくるでしょう。それに対してですが・・・・」

849: 俊也 2015/03/25(水)20:42:49 ID:2YD
本日はここまで・・・終戦編頑張って書き溜めるやでー。

毎日みなさんありがとうございます。あと絵師ニキもw

それとルメイのイメージは確かに半沢のラブリンやでww

850: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)20:45:23 ID:KZ1
乙やで!さすがに歴史が大きく変わってきたな・・・

あんなデブに迫られたら恐怖以外のなにものでもないわw

851: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)20:45:29 ID:Sk7
おっやっぱり講和の流れや
共栄圏諸国も独立するんやろな

857: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)20:57:27 ID:oY8
史実通りならトリニティ実験が7月だからこの段階で講和すれば核の時代が来ないのか、
マリアナからの米国の苦戦で核開発が早まっているのか・・・

865: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)21:45:30 ID:Lp6
もう終局も終局やな

879: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)22:54:10 ID:h22
絶対国防圏を破られた=B29の行動圏に入った
時点で講和すべきやったってことやな

軍人官僚どもは分かってたくせに
自分が責任者の時に言い出したくないから先送り

880: 名無しさん@おーぷん 2015/03/25(水)23:21:19 ID:JZS
イッチが描く8/6、9、そして8/15が待ちきれん…
脱糞しながら正座して待つやでー

892: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)22:13:11 ID:7B9
livejupiter-1426080488-892-490x300


893: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)22:14:44 ID:Are
マッマ29編隊www

896: 俊也 2015/03/26(木)22:22:00 ID:9Mu
さらに時局は加速し、急展開を見せる。


3月1日、アメリカ合衆国ルーズベルト大統領が(史実以上の難局に心身を消耗させたのだろうか)脳溢血で急死

ハリー・トルーマンが次期大統領となる。


日本では・・・・

東條英機首相が、度重なる本土空襲を阻止しきれないことに対しての責任を取る形で引責辞任。
戦争終結へ向けた、昭和天皇の強いご意向もあり、海軍予備役の鈴木貫太郎が首班となる内閣が誕生した。

4月2日 ワシントンDC ホワイトハウス

「日本からの和平の提案とな?どのような条件を出している?」
トルーマンの問いに、グル―国務次官は深々と頷く。
「はい、大統領閣下。既存の占領地域からの撤退はもちろん、主権は保ちつつ連合国管轄のもとでの
憲法改正と民主化、軍部に対する文民統制化等々と・・・・我々の予定している占領政策とおおむね合致するものであります。
・・・・もしこれらの約束が彼らの自発的努力により履行されるのでしたらば、無理に力づくで無条件降伏させる理由はないと考えますが・・・・?まして、欧州戦線も東西とも膠着しておる現状では・・・」

「・・・・なかなか彼らにしては進歩的な提案ではある・・・・が・・・ダメだな。」
「な、なにゆえでありますか?」
「まずソ連・・・スターリンとの約束だ。」
「樺太、千島でしたらば、日本に通告し、割譲させればよろしいかと?」
「なるほど。だがもう一つ。我々が戦後も世界のリーダーとして君臨するために、どうしても踏まねばならない手続きがある。それなくして戦争終結はあり得ない。」
「噂の・・・・最終兵器ですか」
「うむ。」


グル―が何か言いかけた時、新聞の束を片手に秘書官が飛び込んできた。
「閣下!各大手メディアに・・・日本がリークした情報が・・・・・」
「!?」

897: 俊也 2015/03/26(木)22:24:01 ID:9Mu
“アメリカ合衆国が自国民にも隠す、恐るべき最終兵器の実態レポートが流出。”
“今夏にも日本に対し使用か?”
“優に10万人を殺戮しうるその威力”
“製造、使用したものにも健康被害の危険が”
“国内物理学者、軍関係者はだんまり”
“ソ連の極東進出に対するけん制の意味も”




「・・・・・・・・!!」
トルーマンは絶句した。
これまで報告を受けていた核反応兵器の開発の進捗状況、基礎理論がそのまま記されているのみならず、
なぜか今後の製造、実験スケジュール、投下経緯、それぞれの兵器につけられるであろうコードネームにまで言及が及んでいた
その上、ナチス降伏後のソ連の参戦、具体的な侵攻ルートも・・・・。
こんな・・・私自身も概略しか聞いていないところまで・・・こんな克明に・・・。
機密の漏えい!?ならばこんな風に先のことまで予言めいたことを書かずともよい。



一体なんなんだこれは。

さらに読み進めると、共和党の有力者たちの「人道的見地からの」轟々たる非難の声が寄せられていた・・・・・

900: 俊也 2015/03/26(木)22:40:42 ID:9Mu
「大統領・・・・これほど国内外の耳目を集めてしまっては・・・・。見せしめ的な最終兵器の使用は自殺行為かと・・・・」

「・・・・・ルーズベルト閣下の代に・・・・」
「は?」
「前線の将兵のみならず、軍中枢でも広まっている、妙な噂を耳にしたことがある。
日本軍内に、“未来を見てきた男”がいて、マリアナ攻略時以降の日本側の反撃はすべてその男のもたらした情報ゆえだという・・・・・」
「ま、まさか・・・・」
「ニミッツも、ハルゼー、スプルーアンス両提督から聞いた話として言っていた・・・・・
マリアナ攻防戦以降、日本人たちの戦い方が別人のようになり、ことごとく先手を打たれるようになった・・
・・と。そう、まるで未来予知をしているかのように・・・・」
「そ、そんなオカルトな・・・・・」
「私も、信じたくはない、しかし、日本人たちがなぜか反応兵器投下やソ連参戦、その後の我々の占領政策や
ソ連との潜在的対立にまで考えを巡らし、それを回避すべく先手を打ってきていることは確かだ・・・・」
「・・・・・言葉も出ません・・・」
「スイスのアレン・ダレスにコンタクトを取ってくれ。ロンドンとモスクワには私から書簡を送る。」


901: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)22:40:47 ID:IvX
おお、原爆を出す前に押さえつけるんか

902: 俊也 2015/03/26(木)22:42:09 ID:9Mu
4月15日
日本 海軍航空隊 厚木基地

彡(゚)(゚) 「久しぶりやな、キャッチボールすんの」
(´・ω・`)「うん!ところで、アメリカとは講和できそうかなぁ?」
彡(゚)(゚) 「まだ油断はでけへんで・・・・アメリカはワイらが外地を全部放棄せな納得せーへんやろし。陸海軍の強権派がそれを認めるとは思えんし。」
(´・ω・`)「難しいね・・・考えてみればそもそもウチが・・・・」

二人の視線の先には、血気盛んな搭乗員の一人が、他の若手搭乗員十数名相手にアジテーションをしていた。


一方、同航空隊司令・小園安名大佐の執務室。

「・・・・やはり、上は終戦工作をしておるか」
「はい、さる信用に足る筋からの情報によりますと・・・・しかも、われわれが血を流して勝ち取った領土をことごとく返上し
国体改造までするという・・・もはやこれは敗戦工作です!」


「・・・・われわれ厚木航空隊に何ができる?」

密談の相手は陸軍強硬派・畑中健二少佐であった・・・・

「は、海軍の有力部隊たる厚木空に、我々が決起の際、帝都の上空制圧をしていただければ心強うございます。」
「なるほど・・・狙いは近日中に開かれるであろう御前会議か・・・?」
「はい!まことに畏れ多きことながら、陛下は腰抜けの重臣どもに唆されておるご様子、我々が宮城に馳せ参じ君側の奸を撃ち、
統帥の本道に立ち返っていただく所存です。情報によれば、講和を検討する御前会議は明後日10時より・・・・」
「判った。決起の際はわが厚木空も呼応させていただこう!」
「ははっ!ありがとうございます」

906: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)22:46:45 ID:SZA
おっ、始まってたか。

叛乱ニキ来たよ・・・
畑中ってのは初めて知った。ちと調べてみよつ

907: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)22:46:46 ID:5lf
やっぱり宮城襲撃は起こるんか……

910: 俊也 2015/03/26(木)22:50:06 ID:9Mu
サイパン基地 司令部官舎

「ルメイ司令、お休みのところ失礼いたします!」
「どうしたの?」
ベッドから身を起こす第20爆撃団司令
副官がファイルを差し出す。

「恐れながら、大統領直々の命令書であります」
「見せなさい・・・・・・・ほう・・・・・」

ルメイの口元が歪む。
「楽しみね。3日後が・・・・・」

ルメイの隣には、あの青年士官が放心状態で横たわっていた・・・・・。


913: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)22:51:43 ID:5lf
小園大佐も赤松中尉調べてて知ったけどガッチガチの継戦派やったしなぁ

914: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)22:55:15 ID:SZA
ガチの継戦強硬派を見てると、後世でやたら悪く言われる東条がなんてことなく思える・・・

915: 俊也 2015/03/26(木)23:00:02 ID:9Mu
2日後の日本帝都・・・・・
午前9時半
皇居周辺

「突入準備はいいか?」

畑中少佐、椎崎中佐らの指揮する一個連隊規模の若手将校、およびオルグした兵士の集団が、皇居を緩やかに包囲した。
「これは反逆に非ず・・・佞臣を排除し国体を正す義挙である!まずは老賊鈴木貫太郎、海相米内光政を問答無用で討つ!
他は同調するなら助命してよい。特に阿南陸相閣下には一度は協力を拒まれたが、必ずご理解はいただける筈だ。・・

・・・そして陛下に直訴申し上げ、徹底抗戦の詔勅を賜る!では!かかれ!!」

数百名の制圧部隊が、大手門を強行突破し皇居になだれ込む・・・・・。


同時刻 厚木基地

小園司令、居並ぶ搭乗員たちを前に力強く語りかける
「今日、宮中御前会議において、米英に大幅に譲歩しての終戦が決定されるとの由である。
ご聖断が下れば、どのような屈辱でも甘んじて受けるのが軍人の本分かもしれぬ!
だが本官は承服しかねる!
たとえ一時反徒のそしりをうけてでも、悠久の大義に殉ずる道を選びたい!
諸君の考えはどうか?」
「司令!自分は賛成であります!」
「いまだ力を残しての講和などあり得ませぬ!」
「英霊たちに申し訳たちませぬ!満州朝鮮樺太まで割譲などと・・・・・」
「ご聖断により国体が揺らぐなら、それは陛下が間違っておられるのです!われらが正さねば・・・・」

口々に小園への同調を叫ぶ搭乗員たち・・・・。


917: 俊也 2015/03/26(木)23:02:38 ID:9Mu
うん、うんと満足げに頷く小園。
「諸君らの熱情はようわかった!まずは我らの大義を示すため、稼働全機を以て帝都の空を制圧し、
臣民に呼びかけるビラを空から撒いてもらいたい!!」
「ははっ!!」
一斉に、滑走路に走り出す搭乗員たち。

「まわせー!!エンジン回せ」

その前に立ちはだかる一人の男が・・・・
「!?」


彡(゚)(゚) 「行かせへんで」

「・・・・貴様、南慈英!!訓示にも加わらずに・・・・」
「お前は国を憂える気持ちがないのか!?もういい、腰抜けには・・・・・・」






彡(゚)(゚)  「あああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!
!!!!!」


「!!!@?!?!!:*??‘@??!&!?」


前代未聞の奇行に完全に混乱する一同。

922: 俊也 2015/03/26(木)23:05:03 ID:9Mu
「ぐえええええ」
「い、息が・・・・毒ガス!?」
「く、くっせえええええええええええ」

何人かの搭乗員は膝をついてしまう。
しかしそれでも他の面々はそれぞれの機体に向かう。


が・・・・・・

間の抜けた音とともに、零戦が、雷電が、次々とエンジン始動と同時にある機体はプロペラを脱落させ、
またある機体はエンジンを焼きつかせ、別の機体は片側の車輪の足が折れ、ばたばたと無力化していく。

「・・・・・・・・・・・・・!!」


(´・ω・`)「みんなすまんな、夕べ整備班と一緒に細工させてもらったんだ。みんな半日は飛べませんねぇ・・・・・・」

「きっさまらーああああ!!」

激昂する搭乗員たち。
彡(゚)(゚)「やっべ!逃げるで!ワイの紫電改で」
(´・ω・`)「お、おう!」


皇居 宮城内


「!?いない!?」
「さがせ!!」
「しかしどこにも・・・・・」

お上はおろか、鈴木総理も、米内海相も・・・最高戦争指導会議の首脳陣誰一人見当たらない。



情報が漏れた・・・・
というより・・・・・


「諮ったな!!東條!!同志面をして偽情報を・・・・」
「ならばお上や総理はどこに!?いずれ何処かで会議はせねばならんはずだ!!」
近侍や衛兵を問い詰めると、横須賀方面に逃れたとの事。
鎮守府か・・・あるいは船か飛行機で・・・・?

「追うぞ!車両を用意しろ!!」

926: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:06:49 ID:r6o
南慈英の糞は生物兵器だった?!

930: 俊也 2015/03/26(木)23:10:27 ID:9Mu
横須賀鎮守府

「無礼な!!陸軍の佐官風情が、どやどやと乗り込んできて何様のつもりか!陛下の赤子に銃口を向けおって!!」
塚原二四三司令の一喝に、さすがに畑中たちは若干怯む。

それでも、口を開いた。

「恐れながら、お上をはじめ、統帥部首脳を匿っておるのではないですか?いや、この場合は海軍左派が拉致している、
というべきですかな?お上に屈辱的講和を呑ませるために・・・・」

「・・・・自分達のおかれた状況が、まだわからないようだな。・・・・まあ良い、そろそろか・
・・これを聞け!!」


「!?」

塚原はラジオのスイッチを入れた。

『国民の皆様に申し上げます。1時間後、正午に、恐れ多くも天皇陛下御自らの玉音を賜り、
今次大東亜戦争に関する重大な詔勅がありますので、心して拝聴奉るようお願い致します。
そして、一部不心得者の叛乱軍に告ぐ!ただちに武装解除し、投降せよ!』

「これは・・・・米内光政・・・海相の声!?」
「どこだ!?NHKの放送局か!?どこにいようが逃がさんぞ!!」
「何が投降だ!われらだけでなく、他の各部隊も蜂起したら貴様らが勝てるわけないだろ!」

『なお、陛下にあらせられては現在・・・・・・』

次の瞬間、畑中達は耳を疑った・・・・・

真偽を確かめんと、海上を臨める窓辺へと駆け寄る。
「・・・・・・・・・・・!?」


視線のはるか先に、くっきりと、黒い影が浮かんでいた。
圧倒的なる偉容・・・・・黒鋼の城・・・・。




「そんな・・・・そんな馬鹿な・・・・・」



戦艦・・・・・・大和!!

『・・・・畏れ多くもここ、帝國海軍連合艦隊旗艦・大和にご座乗あそばされ、

以後の統帥指導に当られることとなった。つまりこの艦が、現在は大本営である!!』

932: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:11:28 ID:eEp
熱い展開

933: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:12:08 ID:SZA
空母エリア88を思い出した

934: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:12:54 ID:IvX
うおお・・・大和が御召艦に・・・

935: 俊也 2015/03/26(木)23:12:58 ID:9Mu
マイクが別の人物に引き継がれたらしい。
『もう一度言う!無意味な流血を煽る反乱分子はただちに降伏せよ!なお弓引くものは、
我、連合艦隊司令長官・小沢治三郎がこの大和を以て相手になる!』

「・・・・・・・・・!」
叛乱将校たちは、みな一様に膝から崩れ落ちた。
同様にこの放送は、他の軍部内継戦派の意気をも挫いたのである。



そして、玉音放送である。
「この度、朕は太平洋及び欧州で繰り返される流血を大いに憂い、互いの矛を収めるべく、米英蘭との和平という道を選んだ。大幅に相手に譲歩せしその内容を、
屈辱、あるいは英霊への裏切りと思う者もおるやもしれぬ。しかし、わが帝国は新たな時代に向け、未来の平和な世界の為に大きく生まれ変わらねばならぬ。
これは明治大帝の描いておられた理想とも合致するものでもある・・・・」

937: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:15:24 ID:LKR
やっと…終わったんやな…

938: 俊也 2015/03/26(木)23:15:27 ID:9Mu
自宅にてその放送を聞き終えた後、前首相の東條英機は机の抽斗より拳銃を取り出した。


(すまぬな、ありがとう南慈英中尉。私にも大和に乗り込むよう気遣ってくれたな。だが・・・
純粋な若い将校たちを、お国のためとはいえ騙してしまった責任は取らねばならぬ。
それにこうすることで、継戦派へのひとつのショック療法となろう。
そして陛下、何卒国家と御身の安寧を・・・・)

東條はこめかみに銃口を向け、引き金を引いた。



最終的に
シナ、満州、朝鮮、樺太、千島の割譲(連合国の共同管理にゆだねるという建前)
新憲法の発布(完全な民主化、自由化及び、最低限の軍備は認めつつも平和志向を銘記。
統帥権を事実上内閣総理大臣に委任し文民統制の確立)
あくまで国家の独立は保持しつつも、沖縄等戦略上の要衝に米軍の駐留を認める
(“史実”におけるそれの半分程度の規模。)
ナチス・ドイツとの同盟破棄および宣戦布告。(あくまで人道上の理由であることを強調)

これらの条件にて、一定の連合国側の合意を得られることとなった。

939: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:17:14 ID:SZA
やっと戦争が終わる・・・ん?ドイツに宣戦布告?

941: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:18:47 ID:eEp
>>939
架空戦記では講和条件としてけっこうありがちやで

945: 俊也 2015/03/26(木)23:21:58 ID:9Mu
横須賀沖 空母 瑞鶴

彡(゚)(゚)「せやけど、正式な戦闘停止は明朝9時や。まあ実際には向こうの空襲もやんどるけど・・・・」
(´・ω・`)「まだ油断はできないね。戦闘機の整備もしないと・・・302空のみんなも同じ考えで備えてるだろうね・・・・」
彡(゚)(゚)「小園さんも・・・いまんとこ未遂やから、すぐにつかまったり云々はないみたいやな。
まあ陸軍将校がしゃべったらアレやが・・・赤松さんが自決を思いとどまらせたらしいで・・・・」
(´・ω・`)「このまま無事に終わってほしいけどね・・・・」




深夜3時過ぎ・・・・

戦艦大和内 仮設大本営 情報本部
陸軍第二部第六課 (米国班)堀栄三中佐は、敵の暗号通信文の解読に追われていた
「これは・・・・あの符牒が頻繁に出ている。例の未来男君の話とも一致する・・・まずいな・・・・」

堀中佐はカッターを出させ、空母瑞鶴に乗り込んだ。

彡(゚)(゚)「そら間違いないですわ。新型・・・
原子爆弾です!明朝の停戦成立前に滑り込みで落として、威力の確認と誇示をしようってハラだ!」

(´・ω・`)「やめてくれよ・・・・(絶望)」

彡(゚)(゚)「もちろん阻止するで!堀中佐、爆撃時刻、目標は判りますか?」

「いくつか候補は絞ったが・・・・広島、小倉、長崎・・・・・。時間はおそらく八時すぎだろう・・・・・あと3時間半!」


彡(゚)(゚)「松山で再建中の・・・・343空に任すしかないか・・・・」

948: 俊也 2015/03/26(木)23:24:01 ID:9Mu
四国 松山基地


機材と搭乗員を選りすぐり、10機の紫電改性能向上型が黎明とともに発進した!!

電探と、高高度哨戒中の彩雲、土佐沖上空を北上中のB29、3機を捕捉!

「よっしゃ!!男村田!いくぜ!!」

高度1万メートル!エンジンを新しいやつに替えたとはいえ、やはり追いすがるのがやっと・・・・防御火力を躱しながら・・・・

ズドドドドドド ・・・・・!
2機が集中攻撃でまず1機撃墜!!しかし1機は返り討ちに・・・・・・。

さらに味方2機が脱落・・・・・やべえよ・・・やべえよ・・・・

「まず落ち着いて、1機ずつやるぞ!!」

7機が一斉砲火を1機のB29に浴びせる。墜ちろ!墜ちた!!

残り一機・・・・しかし限界を迎えた味方は次々と高度とスピードを喪い脱落していく・・・・

「くそ・・・俺も離されてる・・・・・・」

こうなったら・・・・無理を言って俺の機だけにつけてもらった実験用のアレを使うしかねえ!!

「加速用RATO、点火!!」
紫電改の両翼が後方に火を噴く!!
すさまじい加速とG!!
「ぐおおおおおお!男村田!!一世一代の・・・・・・」
瞬く間にB29との距離がつまり・・・・・

「うおおお喰らいやがれ!!」

火を噴く20mm4門 エンジン2基から発火するB29

「うおっ!?空中分解か!!??」
村田機も翼が折れる。

錐もみに入る寸前、間一髪で脱出する村田飛曹長・・・・・


やったぜ。

952: 俊也 2015/03/26(木)23:26:46 ID:9Mu
瑞鶴 艦橋

「B29、全機撃墜です!!」
喜びに沸く艦橋。

大和の仮設大本営でも同様であった。

その中で、ひとり堀中佐だけは複雑な表情・・・・・

「おかしい・・・・簡単すぎる・・・・」

手元の資料に目を通す・・・・・ん?まさか・・・・・。



敵空母をあらわす符牒?このあたりに進出?まだ艦載機での空爆は時期尚早の筈。
では何のために・・・・護衛・・・・・・。


!!

「瑞鶴に打電!!」

驚く陸海軍の幕僚たちに、堀中佐はまくしたてる。

「B29、空母艦載機を護衛につけた別働隊存在の可能性大!!目標は・・・・・

帝都なり!!」

数分後、大和のレーダーにも機影が映った。


彡(゚)(゚)「クッソ!!広島方面は囮か!!講和前に日本を骨抜きにしようってハラだ!!
トルーマンの畜生め!!」

(´・ω・`)「ど、どうすんだよ、瑞鶴には零戦52型しかないよ・・・・お兄ちゃんの紫電改ぐらいしか・・・・」

彡(゚)(゚)「行くしかないで!!ワイ一機でもな!!」



958: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:28:42 ID:aId
(アカン)

960: 俊也 2015/03/26(木)23:29:05 ID:9Mu
「南慈英中尉!!」
ひとりの技術少佐が駆け寄ってきた。

「私は鶴野正敬技術少佐というものだ。まだテスト中だが、使ってもらいたい機体がある。下の格納庫に来てくれ」
「??」


(´・ω・`)「なんだこの飛行機!?(驚愕)」

彡(゚)(゚)「これは・・・・・・・」

「じつは全力運転は、輸送先の横須賀で行う予定で、まだ未知数の機体だし、癖も強いが・・・
君の腕なら必ずや使いこなせるはずだ!」
彡(゚)(゚)「・・・・・わかりました。ありがとうございます!!」



その異形のフォルムは、甲板の皆の視線を釘付けにした。
プロペラが・・・・・・後ろについてる!?

RATO点火!!
彡(゚)(゚)「J7W1  局地戦闘機 試製 震電!出るでえ!!」

962: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:30:16 ID:IvX
震電空母発進できるんか

いやぁロマンすなぁ

963: 俊也 2015/03/26(木)23:30:34 ID:9Mu
B29 原子爆弾搭載機「エノラ・ゲイ」

「やはりここの操縦席が落ち着くわね・・・・
名誉ある停戦など認めないわよジャップ!
戦いの締めくくりに、合衆国の偉大な神の炎を味わいなさい!!
“日本との和平成立の如何にかかわらず投下を決行せよ”

大統領わかってるうー。表向き人道を口にしてても、戦争の真実は別のところにあるってことを・・・・。」

「ルメイ閣下、友軍の護衛艦上戦闘機です」
「あら、なかなかいい感じね。戦争が今日で終わりなのが残念なくらい・・・・」



彡(゚)(゚)「ほげえええええ凄いGや!!」

エンテ式の空力効果に、高出力ハー43ルのパワー!

零戦がふらふらとやっと這い上がる高空を、瞬く間に駆け上がる!!

さあ、いよいよ最終決戦や!

B29の鈍い機体の輝きが見える


と・・・・次の瞬間・・・・・


彡(゚)(゚)「!!!」
間一髪、後方からの一撃を躱す!!
彡(゚)(゚)「敵の護衛戦闘機・・・・グラマンか!!」
しかも・・・・・あれは最新鋭の


F8Fベアキャット!!

しかも6機・・・・・


「ああん!?なんだてめェ・・・・・」
ヘリントン少佐である
「ヘイ、構わん、殺すぞ!!」

967: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:32:19 ID:LKR
ぐう燃える

968: 俊也 2015/03/26(木)23:32:39 ID:9Mu
が・・・・・
撃墜!撃墜!!撃墜!!!撃墜!!!!

彡(゚)(゚)「最強の戦闘機や!火力も機動力も・・・・」

瞬く間に4機がぶち落とされる!!

「F**k You!!」
ヴァン少尉機が突っかかるが・・・・・・

30ミリが吠える!!
「アッー!!」

撃墜・・・・・・・。
「お前人のモノ(部下)を・・・・・」

怒りに燃えたヘリントン機と組んずほぐれつのドッグファイト・・・・・


が・・・・・・

独特の、プロペラのカウンタートルクを利用した震電の急旋回に、ついにバックをとられ・・・・
「もう終わりだアッー!!!」

火だるまとなって雲海に沈むヘリントン機・・・・・・


よっしゃ、王手や!!

972: 俊也 2015/03/26(木)23:33:50 ID:9Mu
エンジン全開、すこし離されたが、B29にこの機体なら十分追いすがれる!

距離400メートル・・・・・この30ミリなら十分ぶち抜ける・・・・
喰らえ!

彡(゚)(゚)「!?」

弾が・・・・・切れとる・・・・・・・


彡(゚)(゚)「こちら南慈英1番です、B29を捕捉。
・・・・すまんがなるべく艦隊のみんなに聴こえるようにしてくれまへんか・・・・」


彡(゚)(゚)「みんな、日本を頼むで。普通に平和に、野球を楽しめる国にしてくれや」



「南慈英少尉!!?」大和、艦橋から思わず叫ぶ小沢・・・。
「貴様南慈英!」瑞鶴飛行長・・・
(´・ω・`)「やきうのお兄ちゃん!」


B29を一旦追い越し、ターンしてド正面から突進する震電
彡(゚)(゚)(なんとなく感じとるんや・・・・)
彡(゚)(゚)(こんどは、もう生き返らへんことを)
彡(゚)(゚)(それでもワイは満足やで)

973: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:34:08 ID:IvX
これは歴戦のエースですわ

975: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:34:44 ID:SZA
南慈英・・・!

976: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:34:51 ID:eEp
30mmの欠点がここで…

977: 俊也 2015/03/26(木)23:34:58 ID:9Mu
視界一杯に広がる、B29のコクピットに・・・・・

ルメイと副操縦士の最大限の驚愕と恐怖の表情が映った・・・・・・・


ほな・・・・また・・・・・


轟音と共に粉々になるB29と震電・・・・・・


978: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:35:25 ID:Qd9
これは護国の英雄ですわ……

980: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:36:44 ID:SZA
やきう民 南慈英少尉に敬礼/(`;ω;´)

981: 俊也 2015/03/26(木)23:36:59 ID:9Mu
・・・・・・ん




なんだここは?あの日の瑞鶴の甲板じゃないことは確かやな・・・・・

「やきう君!!」


誰や?閻魔様か?


「やきう君!!死んではいかんぞ!!」
精悍なひげ面の、野球のユニフォーム姿の男が歩み寄る

彡(゚)(゚)「だ、誰ですのん?」
「はるか未来から来た。まあ、日本野球の精とでも言っておこうか」
彡(゚)(゚)「野球の精・・・・・」
「君は、これからの平和な世で野球を愛し嗜む。そんな日本人の象徴とならねばならん男だ」
彡(゚)(゚)「は、はあ、まあようわからんけど(脱糞も嗜むけど)」
「だからまだ、死なせるわけにはいかない。いまから元の世界に戻してやる。」
左打席の向きに、男は構えた。
彡(゚)(゚)「ファッ!?ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん!!」

男は魂のフルスイング!!

982: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:37:29 ID:eEp
あれは…

984: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:37:46 ID:LKR
北のサムライ??

985: 俊也 2015/03/26(木)23:38:03 ID:9Mu
ほげえええええええええええええ!?





横須賀沖・・・・・
駆逐艦 雪風

「漂流者発見!友軍搭乗員かと!?」
「引き揚げろ!!」
「まだ息がある!!医務室に運べ!!」
「おいしっかりしろ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・


986: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:38:04 ID:E5P
サンキューガッツ

990: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:38:37 ID:utr
サンキューガッツ
フォーエバーガッツ

995: 俊也 2015/03/26(木)23:39:17 ID:9Mu
一年後

甲子園球場

『さあ、和平後初の日米親善野球!全日本は肩の故障が癒えた我らが澤村栄治が先発です!!
4番には景浦!野口も健在です!対するアメリカはボブフェラー、ディマジオ・・・・』
(´・ω・`)「はやくはやく、お兄ちゃん、試合始まるよ・・・」
彡(゚)(゚) 「わーっとるわい。ワイは退院したてなんやから・・・・」
(´・ω・`)「日米お互いベストメンバー、楽しみだね。澤村の剛速球は復活してるかなあ・・・・」
彡(゚)(゚) 「おう、メジャーのプレーヤーも楽しみや・・・・・」
(´・ω・`)「おにいちゃんの体力戻ったら・・・・」
彡(゚)(゚) 「おう、キャッチボールしようで!!」

『さあ澤村、足を高々と振り上げ第一球!!』

野球という、歓喜に満ちた戦争は、永久につづくのであった




996: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:39:51 ID:Qd9
お疲れさまやで
ええもん読ませてもろたわ

998: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:39:53 ID:E5P
おつ!

999: 名無しさん@おーぷん 2015/03/26(木)23:39:53 ID:LPw
最高だったやで・・・

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1426080488/