images (4)


1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)16:38:21 ID:7v2
心臓病になった。
1年以内に心臓移植しないとどれだけの快復をしても野球ができないらしい。
幸いにもドナーは簡単に見つかった。
それはかつて僕が愛した、彼のものだった。
あの元防御率ファイヤー監督を始末した、あの日の午後に、彼は事故で死んだ。
ピッチャーライナー直撃。それを聞いたとき、犯人は誰だ。とか、僕も死んでやろうか。とか、いろんな思いが交錯した。
でも今こうして彼と逢えるなら、僕は幸せだ。

だから僕は手術を受けた。

気がつけば柔らかい布団の感触が手から伝わってくる。重たいまぶたをゆっくりとあげる。
蛍光灯の無機質に感じる光が眩しい。
・・・手術は成功したみたいだ。
僕はゆっくりと胸の傷をさすった。

2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)16:38:36 ID:7v2
_月_日
僕は少し変わった。
トマトを普通に食べるようになった。今まで見向きもしなかった女の子に興味を持った。水泳が異常にうまくなった。
どこか藤浪くんに似てきているようだ。
そんな話を聞いたことがある。このまま行けば藤浪くんになるのかな、と思うと心臓がいつもより大きく震えた。・・・ような気がした。

_月|日
最近幻聴が聞こえてくる。マウンドに立つたびに藤浪くんの声がする。
それのせいか集中できず暴投が目立ち始めた。
まさかこれも藤浪くんのせいかな。

_月~日
鏡を見ると藤浪くんが映った。
僕は・・・だれだっけ?

_月=日
僕は・・・俺は・・・




:月\日
今日は日米通算200勝をあげた。
達成できたことも、そもそもここまで生きられたことも藤浪くんのお陰だよ。ありがとう。
そして、さよなら。

僕は日記帳を閉じて、短刀を手に持った。ゆっくりと刀身を出していく。
鈍い光を放つそれをしばし見つめ、決心する。
短刀の先をまだ残る胸の傷に当て、引き切った。
激痛が走るのを我慢しながら肋骨を外し、未だ駆動し続ける心臓を取り出した。
藤浪くんがここに生きている。その命も僕のものと一緒に終焉を迎える。
それが僕にはとても嬉しかった。
鼓動し続ける心臓に刃を当てる。脅えるように心臓は動いている。
藤浪くんは・・・僕と一緒だよ。何度生まれ変わっても・・・ずっと。

瞬間、目の前の全てが赤に染まった。

3: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)16:41:26 ID:PAR
純愛やん

5: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)16:49:31 ID:mVT
これで内容がヌルイと感じてしまうあたりもう感覚が狂ってるんやなぁと

8: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)18:59:51 ID:P69
今までで一番面白い

9: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)19:01:48 ID:h0K
闇深

10: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)19:02:33 ID:zR7
やったぜ純愛や!

11: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)19:04:43 ID:JW3
>元防御率ファイヤー監督
まーた金本監督の蔑称が増えるのか

12: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)19:11:04 ID:GOT
やべえよやべえよ…

13: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)19:12:59 ID:05K
感動した

14: 名無しさん@おーぷん 2018/02/07(水)19:15:12 ID:HbD
来世も巡り会えるとええな

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517989101/