d9300-1-205546-0


1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/07(水)18:24:11 ID:dog
なーなー今日はなに着ていったらええの?

電話越しだろうと伝わる藤浪くんの元気な姿。
ぼふぼふと音が聞こえるから布団の上に服でも広げているのだろう。
どこかに食べにいこうと誘っただけでこれほど気合いが入るとは思いもしなかった。


・・・じゃあ、その黄色いシャツと、黒いズボンでいいんじゃないかな。

わかった。んで傘はいるん?

・・・今日は降水確率0%だよ。

そうか、ならいらんな。

もう出なくちゃ。

ん、じゃあまた。

電話が切れた。

3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/07(水)18:25:38 ID:dog
・・・食べ終わったらなにしよか。

コース料理の前菜が届いたくらいでもうその話が始まる。
野球の練習という選択肢はないらしい。顔から見てそうとれる。
・・・仕方もない。恍惚文字乙女はハヤタが完全に心臓を撃ち抜いた。勿論僕の差し金だ。

・・・やろーよ。藤浪くんの家で。

ええで。久しぶりになるなぁ・・・

・・・大丈夫だよ。


あっ・・・藤浪くん・・・

僕の下で藤浪くんが快楽に酔っている。
背中を丸めて、藤浪くんにキスをする。
恋人たちがするようなものとはかけ離れた、痛いキス。
唇と舌を僕の歯で噛むと、藤浪くんは気持ちよさそうに笑う。
何時もは血が出ないようにしているけど、今日は少し切ってしまったようだ。
生暖かい鉄の味が広がる。

・・・っごめん、藤浪くん。

・・・大丈夫やから・・・もっとして。

藤浪くん色のルージュが僕の唇にも塗られてゆく。

・・・痛いでしょ?

・・・痛いけど、これでええんや。大谷がおるから、気持ちようなれるんや。


・・・やから、もっと痛くして。・・・大谷。

グラウンドで見せる屈託のないものとは正反対の、歪んだ笑顔が僕を見つめていた。

9: 名無しさん@おーぷん 2018/03/07(水)18:26:53 ID:s2l
ピロピロなんて書くからピロヤスが出てくるかと

11: 名無しさん@おーぷん 2018/03/07(水)18:28:13 ID:u2O
大浪にしては普通
-7300点

14: 名無しさん@おーぷん 2018/03/07(水)18:30:39 ID:WrT
こういうのもたまにはいいやん
しかしお家芸と言うべきサイコパスホラー感が薄い
もうほぼBL同人誌じゃ

19: 名無しさん@おーぷん 2018/03/07(水)18:31:36 ID:hnS
野菜世界

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520414651/