yoshinobu-takahashi (1)


1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)12:37:52 ID:BeI
本拠地、東京ドームで迎えたヤクルト戦
1番ゲレーロの奇策、クローザーどすこいの愚策を擁して引き分けだった
スタジアムに響くファンのため息、しかし上層部から聞こえる「今年はよくやっている」の声
無言で帰り始める選手達の中、大正義巨人軍の監督である高橋由伸は独りベンチで泣いていた
大学時代で手にした栄冠、憧れのチームに入る喜び、勝利の感動、そして何より信頼できる球団・・・
それを今の巨人で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」高橋は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、高橋ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、帰ってメモを焼却処分しなくちゃな」高橋は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、高橋はふと気付いた

「あれ・・・?お客さんがいる・・・?」
ベンチから飛び出した高橋が目にしたのは、外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに旗が振られ、地鳴りのように東京音頭が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする高橋の背中に、聞き慣れない声が聞こえてきた
「ヨシノブ、守備練習だ、早く行くぞ」声の方に振り返った高橋は目を疑った
「ふ・・・古田さん?」  「なんだウルフ、居眠りでもしてたのか?」
「ま・・・真中監督?」  「なんだ高橋、かってに真中を引退させやがって」
「池山さん・・・」  高橋は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
1番:飯田 2番:土橋 3番:ホージー 4番:古田 5番:高橋由 6番:小早川 7番:池山 8番:馬場 9番:石井一
暫時、唖然としていた高橋だったが、全てを理解した時、もはや彼の心には雲ひとつ無かった
「借金・・・借金は無いんだ!」
稲場からグラブを受け取り、グラウンドへ全力疾走する高橋、その目に光る涙は悔しさとは無縁のものだった・・・

翌日、死んだ目で契約延長を受諾する高橋が一面を飾り、齊藤と村田の残留も決まって巨人ファンは静かに息を引き取った

2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)12:38:51 ID:bkn
最後真面目に溜め息出た

3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)12:41:30 ID:XsN
よしのぶってヤクルトやったんか
生え抜き監督ちゃうやん

4: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)12:51:30 ID:BKm
>>3
元々ヤクルトに行きたかったからちゃうの

10: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)13:21:39 ID:XsN
>>4
なんやヤクルトちゃうんか

5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)12:57:48 ID:PGq
由伸(12)「やきうやりたない」
由伸パッパ「いかん」

由伸(12)「やきうやりたない」
由伸アッニ「てめえふざけてんのか」ボコボコ

由伸(40)「まだ野球やりたい」
フロント「ダメです」
HARA「ばいばいw」

7: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)13:00:49 ID:7Wm
>>5
おお、もう…

9: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)13:04:29 ID:PNl
>>7
一番下の人も殆ど過去の人になってるし多少はね

8: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)13:02:53 ID:Pqw
一時オリックスとかにトレード説あったけどそちらのほうが幸せな世界だったのかもしれない

11: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)17:07:54 ID:g6a
かなしいなあ

12: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)17:22:20 ID:hp1
ちな虎やがこれは涙出た
可哀想すぐる
あの輝いてた頃のヤクルトに由伸おったらなあ…

13: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)17:24:17 ID:7Jo
憧れのチーム?

14: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)18:28:33 ID:OKp
悲しくなる

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1536809872/