291_l


1: 名無しさん@おーぷん 2018/12/03(月)09:42:34 ID:6ZS
本拠地、ニッパツ三ツ沢球技場で迎えた東京ヴェルディ戦
後半アディッショナルタイムに1失点、攻撃陣も勢いを見せず惨敗だった
スタジアムに響くサポーターのため息、どこからか聞こえる「来年も昇格できないな」の声
無言で帰り始める選手達の中、横浜FCの最年長選手三浦は独りベンチで泣いていた
ヴェルディ川崎で手にした栄冠、喜び、感動、そして何より信頼できるチームメイト・・・
それを今の横浜で得ることは殆ど不可能と言ってよかった
「どうすりゃいいんだ・・・」三浦は悔し涙を流し続けた
どれくらい経ったろうか、三浦ははっと目覚めた
どうやら泣き疲れて眠ってしまったようだ、冷たいベンチの感覚が現実に引き戻した
「やれやれ、グアムに行ってトレーニングをしなくちゃな」三浦は苦笑しながら呟いた
立ち上がって伸びをした時、三浦はふと気付いた

「あれ・・・?どこだここ・・・?」
ベンチから飛び出した三浦が目にしたのは、スタジアムの外野席まで埋めつくさんばかりの観客だった
千切れそうなほどに国旗が振られ、地鳴りのように日本代表の応援歌が響いていた
どういうことか分からずに呆然とする内川の背中に、聞き覚えのある声が聞こえてきた
「カズさん、時間稼ぎです、パス回ししましょう」声の方に振り返った三浦は目を疑った
「は・・・長谷部?」  「なんですかカズさん、居眠りでもしてたんですか?」
「か・・・香川?お前はドルトムントじゃ・・・」  「なん三浦、かってに二人を移籍させやがって」
「西野さん・・・」  三浦は半分パニックになりながらスコアボードを見上げた
GK:川島 DF:長友、酒井宏樹、酒井高徳、槙野、吉田 MF:柴崎、乾、山口 FW:大迫、三浦
暫時、唖然としていた三浦だったが、全てを理解した時、彼の心は分厚い雲に覆われていた
「負ける・・・(セネガルが勝ち越すか、ポーランドに追加点を取られたら)負けて消えるんだ・・・」
長友からボールを受け取れず、グラウンドをトボトボ走る三浦、その目に光る涙は嬉しさとは無縁のものだった・・・

翌日、ベンチで冷たくなっている三浦が発見され、吉村と村田は病院内で静かに息を引き取った

3: 名無しさん@おーぷん 2018/12/03(月)09:46:43 ID:viR
吉村はサッカー選手だった...?

4: 名無しさん@おーぷん 2018/12/03(月)09:50:10 ID:xDn
ワールドカップのポーランド戦はロシア語なんだよなあ

5: 名無しさん@おーぷん 2018/12/03(月)09:53:34 ID:3TC
アジアカップにはカズ招集されるやろ
FW不足やし

6: 名無しさん@おーぷん 2018/12/03(月)10:06:20 ID:JUh
最後のメンバーは昔のヴェルディの選手で来ると思ったら違った

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1543797754/