food_omurice


1: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:51:39 ID:7kA
彡(-)(-) 「フア~ァ……あ~よく寝たで……今何時やろ」
彡(゚)(゚) 「ファッ!?もう15時やんけ!せっかくの日曜日やのに……また休日無駄にしたわクソ」
彡(゚)(゚) 「なんか食うか、確かカップラーメンあったやろ」ゴソゴソ
彡(^)(^) 「おっ!ワイの好きな『即脱糞級!激辛担々麺』!これ食うたろ!」
彡(゚)(゚) 「……………………」
彡(゚)(゚) 「なんかちゃうな」

2: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:52:47 ID:23i
はよ

3: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:53:03 ID:wZh
まワ晒

4: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:53:19 ID:7kA
彡(゚)(゚) 「なんかそんな気分じゃないな……カップ麺腐るほど食うてもうたから飽きたんかな」

彡(^)(^) 「じゃあ酒や酒!ビール一本空けたら腹も空くやろ!」プシッゴキュゴキュ

彡(^)(^) 「っかーやっぱこれやね!あったかい部屋で冷たいビールは最高やな!」

彡(゚)(゚) 「……………………」

彡(゚)(゚) 「いや、これもちゃうな。腹減ってないからビールまずいわ」

彡(゚)(゚) 「……………………」

彡(゚)(゚) 「オムライス作るか」

5: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:54:26 ID:iEg
どうなるんや

6: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:54:41 ID:wZh
ええぞ

7: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:54:58 ID:7kA
スーパーにて

彡(゚)(゚) 「ええと……卵と玉ねぎと鶏肉と……」

彡(゚)(゚) 「普段自炊なんかせんから買うものが多いな……言うてオムライスなんか少ない方やと思うけど」

彡(゚)(゚) 「お、レタスや」

彡(゚)(゚) 「生野菜とかどんだけ食ってないやろ……ちょっと高いけど買うか」

彡(^)(^) 「ミックスベジタブルは要らんやろ!ワイ赤いのも黄色いのも緑のも嫌いやし」

彡(゚)(゚) 「牛乳もいるんか、どこに使うんやろ」

彡(゚)(゚) 「うーんこんなもんかな、よし買って帰ろ」

8: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:55:03 ID:VvC
飯テロか?

9: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:55:35 ID:iyK
飯テロやめーや

10: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:55:56 ID:7kA
彡(^)(^) 「ワイ帰還せり!作っていくで~なんかワクワクしてきたわ!」

彡(^)(^) 「まずは玉ねぎをみじん切りにするんやな!余裕やろ!」



彡(。)(;) 「オゲェエエエ目が痛いで……涙がポロポロ出る」

彡(。)(;) 「もう最悪や……二度と玉ねぎなんか食わんでほんま」


彡(゚)(゚) 「次は鶏肉か、これもちっちゃめに切るんやな」

彡(゚)(゚) 「まずはパックから出してっと」グニュゥ

彡()() 「おお……やっぱ生々しいな」クルン

彡()() 「うわっ皮の方余計に生々しい!裏向けて切ろ……」トントントントン

彡(゚)(゚) 「……ワイは今から鳥さんの命を頂くんやな……自分で切ると実感するわ」トントントントン

彡(゚)(゚) 「マッマもこんな気持ちで飯作っとったんやろか……マッマも玉ねぎ切る度にあんなに涙出とったんやろか」トントントントン

彡(゚)(゚) 「…………」トントントントン

11: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:56:21 ID:wZh
やきうに無いはずのやさしさ

12: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:56:39 ID:iyK
彡(゚)(゚)

13: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:57:16 ID:23i
彡(゚)(゚)(゚)

15: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:58:50 ID:NK7
>>13
怖E

16: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:00:40 ID:uI0
>>15
彡(^)(^)(^)

14: 風吹けば名無し 2019/03/03(日)23:58:36 ID:7kA
彡(^)(^) 「よっしゃ全部切れたで!次は炒めたらええんやな」

彡(゚)(゚) 「サラダ油……はないな、オリーブオイルでええやろ。まずは鶏肉やな」ジュワァー

彡(゚)(゚) 「おおええ感じや!肉に火が通ったら玉ねぎ入れて、と」バラバラジュワァー

彡(´)(`) ?「う~んええ匂いや!なんか小さい頃の夕方を思い出す匂いやな」ジュワァージュワァー

彡(゚)(゚) 「なんか玉ねぎからめっちゃ水出てきたな……大丈夫かこれ」ジュワァージュワァー

彡(゚)(゚) 「まあええ匂いしてるし大丈夫やろ。あとは飴色になるまで炒めるで」ジュワァー

彡(゚)(゚) 「料理なんかほとんどしたことないけど飴色がどんな色かはわかるな、これまた不思議と」ジュワァー

17: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:00:57 ID:1fO
腹減ってきた

18: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:01:34 ID:MPW
彡(゚)(゚) 「よし、次は飯投入や」モソッ

彡(゚)(゚) 「玉ねぎ鶏肉とよく混ぜて、塩コショウちょろっと入れてまた炒めるで」ジュワァー

彡(^)(^) 「よし、いよいよケチャップ投入や!これでチキンライスは完成やな」

彡(゚)(゚) 「…………ん?」

19: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:02:07 ID:Uu0
ケチャップないやん!

20: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:05:33 ID:MPW
彡(。)(;) 「ゼェゼェハァハァ……ケチャップないの忘れとったわ……材料のとこにケチャップ書いとけや!何あって当たり前みたいな書き方しとんねんボゲ!」

彡(。)(;) 「あースーパー近くてよかった……ゼェゼェ」



彡(゚)(゚) 「さあ続きや、ケチャップかけてっと」ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!ブツチチブブブチチチチブリリィリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!(ケチャップの音)

彡(゚)(゚) 「ちょっと味見しよ……なんか足りんな、もうちょっと塩コショウとケチャップ入れよ」ブリブチケチャップ

彡(^)(^) 「こんなもんやった気がするな、チキンライス完成や!あとオムの部分やな」

彡(゚)(゚) 「卵2個を溶いて、牛乳を大さじ1杯入れる……牛乳はここで使うんか」カチャカチャ

彡(゚)(゚) 「卵溶く時の音をすこれ」カチャカチャ



彡(゚)(゚) 「フライパンに油をひいて溶き卵を流すで」ジュワァー

彡(^)(^) 「ちなみに包むタイプのオムライスじゃなくて上に卵乗せるタイプのオムライスにするで!不慣れなことはやるもんじゃないからな」 ジュワァー

彡(゚)(゚) 「おっ固まってきた!ちょっと半熟ぐらいで止めといて、器に盛ったチキンライスの上に……」

彡(゚)(゚) 「ホイッ!」フライパンクルー

彡(゚)(゚) 「ありゃ……グシャグシャなったわ。まあええか、食うてまえば一緒や」

彡(゚)(゚) 「チキンライス余ってもうたな、明日食お」

彡(゚)(゚) 「…………そうや」

25: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:10:34 ID:MPW
(´・ω・`)「どうしたの?やきうのお兄ちゃんが家でご飯食べようなんて珍しいね」

彡(^)(^) 「まま座れや!今日は原ちゃんにワイの手料理食わせたろ思てな」

(´・ω・`)「ウゲッ……僕用事思い出したから帰るよ」

彡(゚)(゚) 「おお?ワイの飯が食えん言うんか?」

(´・ω・`)「そりゃそうだよ……お兄ちゃんが料理するなんてもう頭かどっかがイッちゃったとしか思えないよ」

彡(゚)(゚) 「まあそんなこと言わずに食うてくれや、頼むわ」ゴトッ

(´・ω・`)「……卵がグチャミソになってること以外は普通のオムライスっぽいね。びっくりだよ」

彡(゚)(゚) 「当たり前やろ!このワイが作ったんやから……ささ、早よ食うてや、感想聞かしてや」

(´・ω・`)「感想を急かしてくるあたり初心者感丸出しだよお兄ちゃん…………いただきます」パクー

彡(゚)(゚) 「お、おあがりなさい……」ドキドキ

27: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:13:14 ID:MPW
(´・ω・`)「………………」パクパク

彡(゚)(゚) 「だ、黙って食うなや……何か言えや」ドキドキ

(´・ω・`)「…………」パクパク


(´;ω;`)ブワッ

彡(゚)(゚) 「ギャア!ななな何や急に!そんなまずいんか!?」

(´;ω;`)「いや……何もないよ、おいしいよお兄ちゃん」

彡(^)(^) 「ほ、ほんまか!泣くほど美味いか!いや~頑張った甲斐があったな!」

(´;ω;`)(このオムライス……昔お兄ちゃんの家に呼んでもらったとき、お兄ちゃんのママが作ってくれたオムライスだ)

(´;ω;`)(お兄ちゃんのママは1年前急に亡くなって……すっかり滅入ってしまったお兄ちゃんは仕事も辞めて引きこもる日々だったけど)

(´;ω;`)「お兄ちゃん……」

彡(^)(^) 「おっ何やおかわりか?チキンライスはあるけど卵がないねんなーワイしか食わん思たからちっちゃいパックしか買わんくてな」

(´;ω;`)「どうして……オムライス作ろうと思ったの?」

30: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:18:02 ID:MPW
彡(゚)(゚) 「どうしてもこうしてもないやろ……作ろ思たから作っただけや」

彡(゚)(゚) 「ただ……なんか飽きたんや。カップ麺もビールも、寝てばっかおるのも」

彡(゚)(゚) 「だからオムライスやと思ったんや。今思えばオムライスはワイにとってのマッマの思い出や」

彡(゚)(゚) 「作ってるときにいろんなこと考えたわ……食材揃えんの意外と金かかるなあとか、玉ねぎ切るのめちゃくちゃ目痛いなとか」

彡(゚)(゚) 「ほんでいろんなものに感謝できた。鳥さんありがとう、卵さんありがとう、玉ねぎさんありがとう、文句一つ言わず飯作ってくれとったマッマありがとうと」

31: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:18:34 ID:uI0
マッマェ...

32: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:19:28 ID:MPW
彡(゚)(゚) 「上手く言葉にできんけど……ワイにはたぶん、オムライスが必要やったんや」

(´;ω;`)「お兄ちゃん……」

彡(^)(^) 「もちろん原ちゃんにもありがとうや!ワイのグチャミソオムライス美味い言うて食うてくれたんやから」

彡(゚)(゚) 「やっと……やっと先に進めた気がするわ」

彡(゚)(゚) 「もう振り返らん。ワイにはオムライスがあるからな」

彡(゚)(゚) 「ありがとう、マッマ」





彡(゚)(゚) 「あ、レタス忘れとった」

33: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:23:53 ID:MPW
4年後

「やきうくん!今夜一杯どうかね」クイッ

彡(゚)(゚) 「課長……すんません今日は」

「……ああ、前言っていたね、お母さんの命日か」

彡(゚)(゚) 「はい」

「早く帰って作りなさい。酒はまた来週だな!」ポンポン

彡(゚)(゚) 「ありがとうございます!ほな、また…」

34: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:23:59 ID:uI0
ええやん

35: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:25:16 ID:MPW

(´・ω・`)「おかえりお兄ちゃん。材料買ってきてるよ」

彡(゚)(゚) 「おおありがとう原ちゃん!それじゃあちょっと待っとれや」

(´・ω・`)(ふふ、お兄ちゃん、就職先でもうまくやれてそうだ……立ち直ってくれてほんとによかった)

(´・ω・`)(あれから毎年、お兄ちゃんのママの命日にはお兄ちゃんがオムライスを作って、僕も一緒にオムライスを食べる)

(´・ω・`)(『食うてくれる人がおらんと作りがいがないやろ』とかなんとか言って……ほんと寂しがり屋なんだから)

(´・ω・`)(お兄ちゃんは料理の楽しさにも目覚めたみたいで、よく作った料理の写真を撮って僕に送ってくる)

(´・ω・`)(こうなったら料理上手を売りにしてお嫁さんの一人でも貰えばいいのに……そしたら天国のお兄ちゃんのママも安心するだろうな)

(´・ω・`)(ほんと、よかったよ……オムライスに感謝しなきゃね。お兄ちゃんのママにも)

彡(。)(;) 「オゲェエエエ目痛ぁ!玉ねぎなんか二度と食わんで!」トントン



おわり

36: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:26:27 ID:aq9
ええ話age
涙腺に刺さるわ

37: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:26:36 ID:MPW
普段文章なんか書かんのやけど、今日オムライス作って書きたくなって勢いで書いたで
稚拙ですまんかった読んでくれた人ありがとう

38: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:27:37 ID:uI0
>>37
どういたしましてやで

40: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:27:49 ID:TlB
ええやん

41: 風吹けば名無し 2019/03/04(月)00:31:46 ID:MPW
料理の数だけストーリーがある(小並感)
また料理作って思いついたら稚拙な文書きに来ます
ほな、また…

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1551624699/