cardgame_card_dasu


1: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:23:50 ID:Hk6
1(二)ベイBジャック
2(右)アストラル・リーフ
3(捕)聖鎧亜キング・アルカディアス
4(DH)無双竜機ボルバルザーク
5(三)エンペラー・キリコ
6(中)邪神M・ロマノフ
7(一)ボルメテウス・サファイア・ドラゴン
8(左)凶星王ダーク・ヒドラ
9(遊)アクアン

先発:サイバー・ブレイン
ストリーミング・シェイパー
中継ぎ:ロスト・チャージャー
スケルトン・バイス
転生プログラム
抑え:ミラクルとミステリーの扉
インフェルノ・ゲート
母なる大地

監督:呪紋の化身

2: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:25:16 ID:Hk6
解説してくで

3: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:25:57 ID:xaJ
まだボルバルザーク4番なんか

4: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:27:40 ID:Hk6
1(二)ベイBジャック

通称「糞豆」「忌み子」「死ね」。
条件を満たさないとアンタップできないデメリットがあるが、それを以っても余りある凶悪な能力を持っている。
それは「バトルゾーンのカードをマナ化すること」だ。
環境ではマナゾーンのマナで召喚したクリーチャーをマナにクリーチャーを召喚して(ryという犯罪ムーブを可能にする害悪ぶりを発揮。
案の定殿堂入り(制限)を経ず直接プレミアム殿堂入り(禁止)を果たした。残念でもないし当然。
https://i.imgur.com/rtEk6ok.jpgno title

5: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:28:50 ID:Hk6
2(右)アストラル・リーフ

初期のドロー能力軽視を象徴するかのような壊れカード。
マナチャージにカードのプレイと、特に手札の消費が激しいデュエマというカードゲームにおいて、2ターン目に3枚ドローできてパワー4000の即時攻撃できるクリーチャーというのは破格の性能。
青単速攻の全盛期には、このカードが2ターン目に手札にあるかどうかが勝敗を決めていた。
が、種族の恩恵が少ないこともあり、2019年ついに殿堂入りから釈放された。
https://i.imgur.com/CHnJMjM.jpgno title

40: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:48:19 ID:Ady
>>5
こいつが釈放されるレベルまでインフレしたんやな

43: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:50:42 ID:Hk6
>>40
今の環境は手札が増えるだけというのはあまり評価高くないんや(十分強いけど)
手札増えて墓地も肥えるとか、マナも加速できるみたいなカードが主流

6: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:29:55 ID:Hk6
3(捕)聖鎧亜キング・アルカディアス

デュエルマスターズのルールをよく知らない人でも、その能力の凶悪さを感じ取れるだろう。
例外を除き、クリーチャーによる攻撃でしか勝利できないデュエマというゲームにおいて、クリーチャーを召喚できなるするロック能力は余りに致命的である。
しかも多色以外のクリーチャーというのはとてつもなく範囲が広い。早い話が、多色クリーチャーを投入していないデッキではその時点で詰みの可能性が高くなる。
後々でも説明するが、こうした逆転の可能性を著しく狭めるカードは制限されやすい。対戦ゲームの醍醐味でもあるし、やはり残当な処置。
https://i.imgur.com/UYfgohG.jpgno title

7: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:30:56 ID:Hk6
4(DH)無双竜機ボルバルザーク

「トレーディングカードゲームにおいて最強のカードは何か?」という問いへの回答候補たるクリーチャー。
召喚しただけでエクストラターンを得られるというお手軽すぎる強力な効果がある。
エクストラターンの最後に負けるというデメリットがあるが、そのターンの内に勝てば良いだけのことである。
能力の強力さもさることながら、勝つにせよ負けるにせよ、このクリーチャーが場に出た次のターンに強制的にゲームが終わるという効果が著しくゲーム性を損なうという判断もありプレミアム殿堂に。
https://i.imgur.com/vzvSyaq.jpgno title

25: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:39:56 ID:Wzj
>>7
スピードアタッカーがなければ……

27: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:40:30 ID:WEQ
>>25
スピードアタッカー抜きでもエクストラターン追加でアウトだから

9: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:32:10 ID:Hk6
5(三)エンペラー・キリコ

開発者は何を考えてこのカードの効果を決めたのだろうか。
デュエマにおいてはコストの踏み倒しは往々にして強力になりがちだが、このカードは召喚した瞬間3体ものクリーチャーのコストを踏み倒すことができる。
召喚時に自分の他のクリーチャーは消え去るが、自分のクリーチャーがいない時に召喚すれば良いだけの話である。
一見するとギャンブルじみた能力だが、デッキを呪文の他は大型クリーチャーだけで固めた構成が環境を席巻。無事プレミアム殿堂入りを果たした。
https://i.imgur.com/kKsjt6p.jpgno title

10: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:32:51 ID:Hk6
6(中)邪神M・ロマノフ

異常なまでのコスパと汎用性の高さを誇るクリーチャー。
進化クリーチャーは場のクリーチャーの上に重ねるため、場数が増えないという短所がある。
しかしこのクリーチャーはデッキのカードから進化するため、頭数を減らさずクリーチャーを展開できる。
例えデッキからクリーチャーが出なくても3枚の墓地肥やしになるため腐りにくい。
極め付けはマナゾーンからの呪文踏み倒し。コスト6以下の火か闇の呪文というのが極めて範囲が広く、対処が難しい。
非デュエマプレイヤーには強さが分かりにくいが、間違いなく最強のクリーチャーの一体だ。
https://i.imgur.com/B9F2lS4.jpgno title

13: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:33:38 ID:Hk6
7(一)ボルメテウス・サファイア・ドラゴン

デュエマというゲームはかなりバランス良く作られている。
プレイヤーを守るシールドが破壊されると手札が増えてゆき反撃のための選択肢が増え、おまけにシールド・トリガーという強力な逆転手段を得ることもできる。
こいつはそんな希望を打ち砕くカードだ。
シールドを墓地に送るという効果により相手にシールド・トリガーでの反撃を許さず、安定した勝ちを拾うことができる。
10という膨大なコストがネックだが、後述する凶悪なカードとのコンボにより数ターン目にこいつを出す構成が大流行。
登場から1年を経ずプレミアム殿堂入り。しかし他の強力なクリーチャーの登場や除去手段の充実により殿堂へと降格。今でも人気の高いクリーチャーだ。
https://i.imgur.com/GySWVBY.jpgno title

14: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:34:27 ID:Hk6
8(左)凶星王ダーク・ヒドラ

汎用性が高すぎるカードは制限されやすいというのがデュエマの鉄則だ。
こいつがバトルゾーンに突っ立っているだけで、どれだけクリーチャーを破壊しようが延々と墓地から手札にクリーチャーが戻ってくる。
しかも種族が同じということしか制限が無いため、こいつ自身が破壊されても2体目のダーク・ヒドラによりサルベージが可能。
どれだけ除去されようと、常に豊富な手札からクリーチャーの選択肢を選べてしまう。
実は殿堂→プレミアム殿堂→殿堂という変わった経歴を辿っている。
いずれにせよ依然として強力なクリーチャーであることに変わりはない。
https://i.imgur.com/7Fg1A5q.jpgno title

72: 風吹けば名無し 19/10/23(水)00:01:39 ID:9wU
>>14
これってコロコロについてたやつ?

76: 風吹けば名無し 19/10/23(水)00:02:49 ID:LCn
>>72
コロコロの一枚噛んだ採録パックの新規枠とかやったと思う

145: 風吹けば名無し 19/10/23(水)00:20:09 ID:gvY
>>14
え、こいつそんな強いんか?
こいつ簡単に手に入った気がするな

15: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:35:51 ID:Hk6
9(遊)アクアン

設計ミス。
デッキ構成次第だが、3~4枚程度を安定して手札に加えることができる。
効果を使った後も、パワー2000というシステムクリーチャーとしては最低限の耐性を持ったクリーチャーが場に残る。
このタイプの効果全般に言えることだが、引けなかったカードを墓地に落とせる効果を使ったコンボも考えられるなど、汎用性も高い。
恐らくは永遠にプレミアム殿堂解除されることのない、デュエマ史上最強のクリーチャーの一体である。
https://i.imgur.com/OcQKr90.jpgno title

16: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:36:30 ID:Hk6
先発:サイバー・ブレイン

初期のドロー能力軽視を象徴(ry
コスト4で3ドローでシールド・トリガーのおまけ付きと破格のスペックを誇るぶっ壊れカード。
下位互換のカードが一線級で活躍すると言えばそのオーバースペックぶりが伺える。
「効果がシンプルなカードほど強い」という法則がどこかにあると思う。
https://i.imgur.com/CDy4Wkl.jpgno title

17: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:37:06 ID:Hk6
先発:ストリーミング・シェイパー

初期のドロー能力(ry
効果を見れば誰でも思い付く。「水文明だけでデッキを組めばいい」と。
事実、青単色でデッキを組めば3コスト4ドローという上記のサイバー・ブレインも真っ青な(←激ウマギャグ)ドローソースに化ける。
が、サイバー・ブレインほどの汎用性はないため、殿堂入りに留まっている。
https://i.imgur.com/iQbLjYu.jpgno title

18: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:37:43 ID:Hk6
中継ぎ:ロスト・チャージャー

ゲームの根幹を揺るがす大問題児。
その本質は、「3ターン目に相手のデッキ構成を把握し、危険なカードを始末する上、マナ加速できる」というもの。
恐らくカード設計時には、相手のデッキのカードを1枚削るという表面上の効果しか見ていなかったのだろう。
だがゲーム開始早々に相手の戦略を読み取れるという情報アドバンテージは莫大である。
しかも例によって効果を自分にも使えるため、狙ったカードを墓地に落とすこともできるという異常なまでの汎用性の高さを持つ。
地味ながらカードゲーム全体を見ても最も凶悪な効果を持ったカードである。恐らくプレミアム殿堂解除されることはないだろう。
https://i.imgur.com/4DmNjmQ.jpgno title

22: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:39:04 ID:WEQ
>>18
デッキピーピングなんてカードゲームのNGなのにね

19: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:38:23 ID:Hk6
中継ぎ:スケルトンバイス

カードゲームにおいて手札がどれだけ重要か、ここまで読めば分かるだろう。
シンプルな効果のカードがどれほど強いか。今引き(ドローで持ってきたカードを即使うこと)が強くなっている現環境と言えど、このカードを連打されれば何もできず沈黙するだけである。
当然のことながらプレミアム殿堂。絶対に戻ってくるな。
https://i.imgur.com/W8gL43C.jpgno title

24: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:39:25 ID:Hk6
中継ぎ:転生プログラム

初見でこのカードの能力のヤバさに気が付けたら、その時点でデュエマ中級者と言っていい。
エンペラー・キリコと同じである。デッキに大型クリーチャーだけを投入すれば良いのである。
当然のように相手プレイヤーに対しても使える。たったの3コストで相手の大型クリーチャーを始末し、場合によっては小型システムクリーチャーにすり替えられる。
どうしてこの手の呪文は異常なまでに汎用性が高いのか。
あまりにもコンボ性が高いので、やはり恐らくプレミアム殿堂は解除されないだろう。
https://i.imgur.com/ZFA5qoT.jpgno title

26: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:40:09 ID:Hk6
抑え:ミラクルとミステリーの扉

ここまで見てくればもはや説明不要だろう。
選ばされる相手プレイヤーからすれば、ミラクルでもミステリーでもない結果が待っている。
https://i.imgur.com/Y4tBIz0.jpgno title

29: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:40:48 ID:Hk6
抑え:インフェルノ・ゲート

シンプルな(ry
恐ろしいことに、「進化ではない」という以外に一切の制限なく墓地からクリーチャーをバトルゾーンに出せる。
前述のボルメテウス・サファイア・ドラゴンを墓地に落とし、インフェルノ・ゲートで釣り上げる戦法が環境を支配。
サファイアと同様に強力なフィニッシャーが溢れる現環境で、決してプレミアム殿堂は解除されないだろう。
https://i.imgur.com/r8qM6kG.jpgno title

30: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:41:26 ID:Hk6
抑え:母なる大地

一見すると分かりにくい効果だが、コストを踏み倒しつつバトルゾーンとマナゾーンのカードを入れ替えるという効果だ。
単にコストの踏み倒しというだけでも極めて強力だが、マナゾーンを第2の手札のように自由に使えてしまうことは凶悪としか言いようがない。
自然文明のデッキには入れない理由がないという程の流行ののち、プレミアム殿堂入り。
ちなみに勘のいい方は気が付いたかもしれないが、効果は相手プレイヤーにも使える。
たった3コストで相手クリーチャーをマナ送りにし、しかもマナゾーンから引き上げるクリーチャーの選択権は自分にある。こんな能力は到底許されない。デュエマの全呪文を見てもトップクラスの汎用性を持つ。
https://i.imgur.com/TceItNc.jpgno title

33: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:42:29 ID:lNm
>>30
これはほんと強いな
シールドトリガー付きなのもわけわからんけど

31: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:42:06 ID:Hk6
監督:呪紋の化身

シンプルな能力にして、その効果はデュエマのシステムや醍醐味を根底から覆す。
今でこそシールド・トリガー以外に相手ターン中に介入する手段があるが、このカードが登場した当時は、(ブレイクできるシールド数)>(シールド数)で、さらに余分に一体クリーチャーがいればその時点で勝利が確定してしまった。
逆転の可能性の芽を摘む凶悪なロック性能のためプレミアム殿堂入り。絶対にあってはならない能力である。
https://i.imgur.com/lsFDiAt.jpgno title

86: 風吹けば名無し 19/10/23(水)00:07:11 ID:9wU
>>31
これ使ってる同級生嫌われてデュエマ遊びに誘われなくなってたわ

34: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:43:06 ID:Hk6
パパッと貼って、終わり!

35: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:43:51 ID:WEQ
調べたら母なる紋章もプレミア殿堂やん

37: 風吹けば名無し 19/10/22(火)23:46:09 ID:Hk6
>>35
調整がプレ殿とか生きて帰れねぇな

引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1571754230/