1: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:14:45.67 ID:yogaKy9f0
彡(゚)(゚)「暇やなーなんかおもろい本ないか、古本屋に探しに行くでー」

(´・ω・`)「あっ、いらっしゃい」

彡(゚)(゚)「あ?いらっしゃいませやろこのハゲ」(こんにちはやで~)

(´・ω・`)(なんだこの客…黄色くてキモい…)

彡(゚)(゚)「まま、ええわ、さっそくやがなんか変わった本はないか?」

(´・ω・`)「いきなり不躾な質問だね。って言いたいところだけど実は先日珍しい本を買い取ったんだよ。」

2: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:15:35.22 ID:yogaKy9f0
彡(゚)(゚)「おっ、なんか雰囲気が違うな。異様な感じがビンビンくるでー」

(´・ω・`)「そうなんだよね。どんな本か僕も読もうとしたけど読めないんだよね。これはどこの言語だろ?」

彡(゚)(゚)「貸してみ!ふんふん、なるほど…これは、ワイが専攻しとるラテン語やんけ!」

彡(^)(^)「これなら淫夢語以上にスラスラ解るわ!」

(´・ω・`)「おにぃちゃんはやっぱりすごいね!それでなんて書いてあるの?」

4: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:16:05.15 ID:yogaKy9f0
彡(゚)(゚)「えーっとやなぁ…なになに…うん、これは魔法の本のようやな。となると、この本はクソや」

(´・ω・`)「魔法の本!?それほんと!?だったら凄いじゃん!どーして駄目な本なの?」

彡(゚)(゚)「そらそうや、説明する前に一つ確認しとくで、この本はどこから買い取ったんや?」

(´・ω・`)「古道具屋が売りに来たんだ。引き取った荷物の中にこの本があったみたいで、本は自分のとこじゃ売り物にならないってことで僕のところへ来たってわけさ。」

(´・ω・`)「そんなことより、どーしてこの魔法の本がクソなのか教えてよ!」

5: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:16:32.77 ID:yogaKy9f0
彡(゚)(゚)「そこや、おかしいところわ。まず、魔法とかハリーポッターよろしくなもんがあるはずがないやろ。次にほんまにそうなら持ち主が手放すわけないやんけ!ちょっとは自分の頭で考えろや!」

(´・ω・`)「はぁ、まぁそう言われればそうかも…」

彡(゚)(゚)「せやろ?まぁ興味出たから買うわ」

(´・ω・`)(言ってることとやってる事が全然違う…)

6: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:17:03.80 ID:yogaKy9f0
───数時間後───

彡(゚)(゚)「家戻ってきたやでー、早速読むかー」

彡(゚)(゚)(おかしいな、この本…いろんな人に渡っとるかのように汚れとるのに、全然ページが破れたり傷んでへんやん)

彡(^)(^)「せや!いろいろ試したろ!」

彡(゚)(゚)(あれから、ページを引っ張ったり、噛み付いたり、ライターで焼いたり、肛門に突っ込んだりしたけど、全然ページが破れたり燃えたりせぇへんな…ワイのがついただけや…)

彡(゚)(゚)「確かにこれは何かあるな…ちゃんと読んでみるか」

7: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:17:33.96 ID:yogaKy9f0
彡(゚)(゚)「なになに、太めの麻糸を結んで床の上に輪をつくり、呪文を唱える?やってみるか!」

彡(゚)(゚)「よっしゃ!麻糸用意したで!それじゃあ呪文唱えるで!」

(≧Д≦)「イキスギィー!!!ンアーーッ!!!!!」

彡(゚)(゚)「うおっ!なんやこの目玉!いきなり目玉が空中に出現しよったで!」

彡(^)(^)「これはやっぱり本物や!この調子でどんどん魔法唱えていくでー!」

8: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:18:10.56 ID:yogaKy9f0
彡(゚)(゚)「次の魔法の必要な物はなかなか厄介やな、ワイの家にはあらへん。買いに行くでー」

彡(゚)(。)「ハァ…ハァ…大変やった…赤いバラの花粉に黒いアゲハチョウの羽の粉。紫水晶と白鼠の尻尾、エトセトラエトセトラ…」

彡(゚)(゚)「KBTITの両乳首が一番苦労したわ。けど、これで次の魔法を唱えられるわけやな!」

彡(^)(^)「これは、楽しみや!こんなに苦労して集めたんや!きっとさっきよりもすごい魔法が出るはずや!集めたもんを床にばら撒いて、呪文を唱えるで!」

彡(゚)(゚)「太いちんぽがオにはいっちゃう!!!」

彡(゚)(゚)「な、なんやこの煙は!ん?なんか見えてきたぞ。お、おまえは…?」

9: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:18:46.15 ID:yogaKy9f0
(*^◯^*)「呼ばれて出てきたんだ!」

彡(゚)(゚)(この紫の身体、尖った耳、目、口、角にしっぽ…)

彡(゚)(゚)「わかったで!お前は悪魔やな!!」

(*^◯^*)「そうなんだ!」

彡(゚)(゚)「やっぱそうか!ほんで、お前はなんか俺にしてくれるんか?」

(*^◯^*)「僕の現れたわけは…ごにょごにょ…」

彡(゚)(゚)「なんや?最後の方が声小さくて全然聞こえんかったで。もっかい言うてくれや」

11: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:19:21.36 ID:yogaKy9f0
(*^◯^*)「僕の現れたわけは…ま…ごにょごにょ…」

彡(゚)(゚)「だから最後の方が聞こえん言うてるやろ!チー牛か?お前は。もっと近づかんと聞こえへんわ!怖いけど側によるでー」

(*^◯^*)「僕の現れたわけは…」

(*'◯'*)「…魔王のために犠牲を集めまわってるんだ…」

彡(゚)(゚)「なんやて!?ん!?なんやこの手は!?離せや!!」

12: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:19:46.49 ID:yogaKy9f0
(*'◯'*)「駄目なんだ。せっかく捕まえたんだからこっちに来てもらうんだ。」

彡(゚)(゚)「な、なんや!?掴まれた腕の方からだんだん身体が消えていく!!あかん!!ワイはどこに連れていかれるんやーーっ!?!?」

13: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:20:14.97 ID:yogaKy9f0
──数日後──

(´・_・`)「アパートの管理人です。部屋代を集めに来ました…あれ?」

(´・_・`)「引っ越してしまったのかな?このところ全然姿を見かけないし…。引っ越すなら、そう言ってくれればいいのにあのシンプソンズ野郎…」

(´・_・`)「このままじゃ商売にならないし、部屋にあるものはすべて売りに出して、新しい人に部屋を貸すか…」


こうして、部屋の品物は古道具屋の手に渡された。あの本とともに…。

14: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:20:16.36 ID:i+hx1vFka
どうなっちゃうの?🥺

16: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:20:55.52 ID:yogaKy9f0
以上
星新一の『よごれている本』

18: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:21:57.98 ID:i+hx1vFka
>>16
星新一無料で読めるとこってないんか?

20: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:24:01.64 ID:yogaKy9f0
>>18
しらん
ワイはアマゾンで買った

21: 風吹けば名無し 2020/08/06(木) 12:24:35.96 ID:/CV90b90M
シンプソンズ野郎は草

引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1596683685/