● 早川あおいが9回2死に痛恨被弾し逆転負け 橘みずきは矢部の盗塁死に救われ15S目
       ● 【朗報】早川あおいの父親、黒歴史じゃなかった
       ● ケンモメン(左) ABEGAA
       ● 【悲報】藤浪晋太郎さん、最新版のパワプロで能力の個性を奪われてしまう
       ● やんきーズ矢部明雄、複数の違反行為で永久追放 守備妨害の頭突きなど

    カテゴリ: パワプロ雑談

    4f543e03 (1)


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/17(火)08:51:12 ID:ajU
    ◆ロッテ2―3楽天=延長10回=(16日・ZOZOマリン)

    ロッテは2―1の9回2死から守護神の早川あおい投手がパワプロに痛恨の同点ソロを被弾した。
    延長10回に奥居が登板するも、無死三塁から坂本ゲンに勝ち越しの中前適時打を浴びた。

    先発・虹谷が7回1失点と試合を作り、1―1の8回に
    神成の左前適時打で一時は勝ち越したが、「勝利の方程式」が崩壊した。

    さらに10回裏、ロッテは勝負どころでのバント失敗が敗戦につながった。
    楽天の守護神・橘みずきに対して無死一、二塁として長打が出ればサヨナラの好機をつくったが、
    ミックの送りバントは捕邪飛となり、走者を送れず1死。
    続く小田切は見逃し三振に倒れ、二塁走者の矢部が三塁で刺されて併殺に。試合終了。
    守護神となった楽天・橘みずきに15セーブ目を献上した。

    続きを読む

    5dc37ff9 (2)


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/10(火)23:03:56 ID:N4E
    やんきーズの矢部明雄は、先日のキャットハンズ戦で複数の違反行為を行ったことで、NPBからの永久追放処分を科せられた。

    矢部は第2打席でサードゴロを打ってファーストベースへ走る際に、ファーストを守っていた川星の股間に意図的にヘッドスライディングした。
    さらに、第4打席でセンター前ヒットからホームでクロスプレーとなった際にキャッチャーの美園に全身でタックルを仕掛けた。
    結果として矢部が美園に当て身で投げられただけの結果になったものの、
    ベンチのパワプロ監督は
    「あのクソメガネの脳には問題があるようだ。彼は出場禁止にすべきだ」
    と審判に伝えていた。

    しかしこれでは終わらなかった。矢部は9回に自身が二塁ランナーの状況で、
    半田がショートゴロが打った際に意図的にショートを守っていた小山雅の胸に頭突きし守備妨害。
    当然アウトの判定となり、ゲームセットとなった。

    審判団は、チームからそれらの行為が意図的な行為であったとの証言を聞いた後
    、矢部を聴聞会に召喚したが、
    矢部はそれを拒否。結果として、矢部には永久追放処分が下され、さらに約5億円の罰金を科せられた。

    さらに矢部明雄は、ランナーになった際、手にスマートフォンを持って何かを撮影してい姿が目撃されている。

    これにより、矢部はさらに約334万円の罰金を科せられている。

    相手チームのキャットハンズによると、矢部明雄によるキャットハンズ選手への
    性差別を中心とした嫌がらせ行為はこれまでもあったようだ。

    続きを読む
    アクセスランキング