● パワプロサクセス「楽天編」にありがちな事
       ● アメトークでパワプロ大好き芸人をやったらありそうなこと
       ● 【悲報】パワプロ選手、トライアウト好投も声かからず
       ● 【速報】パワフルズ矢部選手、住居侵入罪により逮捕されていた
       ● 【悲報】パワプロ選手、トライアウト好投も声かからず

    カテゴリ: パワプロ雑談

    ダウンロード


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/05(火)00:30:48 ID:ldR
    投手プレイ時、巨漢外国人に追い回されてやる気ダウンする

    続きを読む

    ダウンロード (58)


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/28(火)19:42:18 ID:ZJH
    今季限りでジャイアンツを戦力外となったパワプロ投手(23)が24日、期限を設けず他球団のオファーを待つ考えを明かした。
    この日、荷物整理のため寮を訪問。所用で訪れていた阿部監督に退団のあいさつもした。
    15日の12球団合同トライアウトではMAX170㎞の速球と160㎞の高速スライダー、
    150㎞後半の落差の大きいフォークを武器に三者連続三球三振と好投したが他球団からのオファーが届いてない左腕は、あらためて現役続行への強い思いを口にした。
    パワプロはプロ一年目で20勝0敗、20完投、防御率1,02と好投。高卒ルーキーにして新人王に輝きプロ三年目には67試合に登板し52勝10敗、67完投し防御率は0.23と投手タイトルを総ナメにした
    しかし昨季は怪我の影響もあり12登板に留まり8勝2敗 防御率は4,01と自己ワーストの記録を残しそのまま戦力外通告を受けた
    球団関係者は「厳しいがプロの世界。実力を出せなければ仕方がない。
    怪我も実力の内、自己管理もできないようじゃ(戦力外でも)仕方がないというオーナーの意向です」と厳しい表情で質問に答えた。
    パワプロは「まだまだやれる自信はある。いまは走り込んで、1シーズンを通して投げる準備をするしかない」。
    単独でトレーニングを継続し、吉報を待つ。



    関連記事
    ・日本ハム矢部明雄選手、5000万upにも不満顔でサイン「納得いかないでやんす」
    ・楽天橘みずき選手、3億5000万提示も首を振る「これは保留ね」

    続きを読む

    ダウンロード (56)


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/28(火)16:56:53 ID:EC7
    プロ野球チーム、パワフルズ2軍の矢部明雄外野手が11月初旬、住居侵入罪で現行犯逮捕されていたことが分かった。
    オフシーズンを迎え自主トレ中だった同氏は「筋トレの一環として住宅の間を移動していた」などと意味不明な供述をしている。
    被害に遭ったのは同プロ野球チームに所属する早川あおい投手の実家。
    本件に関し早川投手は「本当に気持ち悪い…許せません。最も重い処分を望みます」とコメントしている。

    矢部被告は、早川投手の実家2階の窓から侵入したと見られ、部屋の中には衣服や下着が散乱していたようだ。
    また早川投手によると、当初下着が1枚見つからず、警察の取り調べ時に矢部被告が着用していたことが判明し、その場で剥ぎ取られたという。

    最高裁は矢部被告に対し無期懲役を宣告しているが、窃盗罪も働いていたことにより、死刑も避けられない状況のようだ。

    また、今季パワフルズを日本一に導き、三冠王・MVPを獲得したパワプロ内野手は「矢部選手は以前からちょっとおかしい節があり、いつか一線を越えるんじゃないかと思っていました」と語った。

    ◯次の記事を読む:プロ野球選手、橘みずきが語るムダ毛処理の方法とは!?

    続きを読む

    ダウンロード (1)


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/11/28(火)19:42:18 ID:ZJH
    今季限りでジャイアンツを戦力外となったパワプロ投手(23)が24日、期限を設けず他球団のオファーを待つ考えを明かした。
    この日、荷物整理のため寮を訪問。所用で訪れていた阿部監督に退団のあいさつもした。
    15日の12球団合同トライアウトではMAX170㎞の速球と160㎞の高速スライダー、
    150㎞後半の落差の大きいフォークを武器に三者連続三球三振と好投したが他球団からのオファーが届いてない左腕は、あらためて現役続行への強い思いを口にした。
    パワプロはプロ一年目で20勝0敗、20完投、防御率1,02と好投。高卒ルーキーにして新人王に輝きプロ三年目には67試合に登板し52勝10敗、67完投し防御率は0.23と投手タイトルを総ナメにした
    しかし昨季は怪我の影響もあり12登板に留まり8勝2敗 防御率は4,01と自己ワーストの記録を残しそのまま戦力外通告を受けた
    球団関係者は「厳しいがプロの世界。実力を出せなければ仕方がない。
    怪我も実力の内、自己管理もできないようじゃ(戦力外でも)仕方がないというオーナーの意向です」と厳しい表情で質問に答えた。
    パワプロは「まだまだやれる自信はある。いまは走り込んで、1シーズンを通して投げる準備をするしかない」。
    単独でトレーニングを継続し、吉報を待つ。



    関連記事
    ・日本ハム矢部明雄選手、5000万upにも不満顔でサイン「納得いかないでやんす」
    ・楽天橘みずき選手、3億5000万提示も首を振る「これは保留ね」

    続きを読む
    アクセスランキング