● 【動画】西武ファン、山川穂高選手のタオルを盗んでしまう
       ● イチロー⇔佐々木トレードが実現してた時の99横浜マシンガン打線www
       ● 福良・金本・由伸・工藤がシャッフルされるボタン
       ● 【プロ野球】出身地方別で打線'w'w'w'w'w'w'w'w'w'w'w'w'w'w
       ● 大谷「藤浪くん・・・藤浪くん・・・」ボタボタ

    カテゴリ: NPB

    • カテゴリ:
    1: 風吹けば名無し 2018/07/31(火) 21:35:53.29 ID:i09HSlNc0 BE:471942907-2BP(1000)
    e53dcaaf

    続きを読む

    sasakikazuhiro


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/28(土)21:59:25 ID:4o5
    1(右) イチロー .343 21 68 12盗塁
    2(遊) 石井琢朗 .292 8 58 39盗塁
    3(左) 鈴木尚典 .328 17 92
    4(二) R.ローズ .369 37 153
    5(一) 駒田徳広 .291 9 71
    6(中) 波留敏夫 .298 15 70 21盗塁
    7(三) 進藤達哉 .286 14 42
    8(捕) 谷繁元信 .295 11 50

    控え
    佐伯貴弘 .309 10 53
    中根仁 .272 4 25
    ポゾ .297 9 30

    続きを読む

    img_6c2a1d4ca6cd2d844bb12ba579871eb8180150


    1: 風吹けば名無し 2018/07/28(土) 11:48:59.70 ID:90smpVs8d
    九州沖縄軍

    (中)田中.295 8本26打点 .801(福岡・楽)
    (遊)源田.280 1本37打点 .707(大分・西)
    (三)宮崎.312 16本43打点 .873(佐賀・De)
    (一)山川.289 26本78打点1.000(沖縄・西)
    (指)松山.300 9本49打点 .859(鹿児島・広)
    (左)青木.314 6本40打点 .858(宮崎・ヤ)
    (右)長野.263 8本36打点 .741(佐賀・巨)
    (捕)甲斐.216 5本20打点 .628(大分・ソ)
    (二)大城.264 4本20打点 .696(沖縄・オ)


    (投)大瀬良 11勝3敗 2.50(長崎・広)
    (投)多和田 10勝4敗 4.37(沖縄・西)
    (投)山口  8勝5敗 3.51(大分・巨)
    (投)中崎 0勝0敗24S 2.13(鹿児島・広)

    続きを読む

    origin_1 (1)


    1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/26(木)23:00:21 ID:Tkz
    純白の衣についた汚れは・・・もう、消えない。
    元から純白崎とか・・・そんな綺麗な心でもないけれど、僕の心の穢れが消えないことに変わりはない。
    愛情表現を間違えたまま・・・ただただひとりで歪ませてしまった。
    もしあの時素直に好きだと言えていたら、こうはならなかったのではないか。
    たらればの話に思考は堂林々巡りを続ける。
    今すぐにでも全身の細胞がアポトーシスでも起こさないだろうか・・・
    自分が溶けてでもしまわないだろうかと死の欲に揺らされる。
    欲望だけで死ねるなら、すぐに人類は滅亡するだろうな・・・と苦笑する。
    死にたくても死ねない。
    消えたくても消えられない。
    自分の心には劣等感と、ただただ壊れた愛斗が蔓延している。
    どうして僕はここまで人を素直に愛せないんだろう
    ただ好きだと言って抱きしめれば良いはずなのに・・・なぜかそれが怖くて、傷つけることを選んだ。
    もう、元の道には戻れない。
    どうすればいいのだろう・・・もう藤浪くんが泣いてるところなんて見たくないのに、僕は、僕は・・・

    足下で、ミミズが焼け死んでいる。
    ・・・ああ、虫けらが死んでる・・・
    冷ややかな視線しか浴びせることはできない。
    金もどき黄鉄鉱も、藤浪くんを滅多打ちにした奴らと藤浪くんを孤独にさせた馬鹿どもは焼け死なせたな・・・虫けらみたいに
    鉄板の上で何度も土下座ならぬ土下寝を繰り返させ、生きながら焼かれる苦痛を散々に味あわせたあと最後に硫酸を引っ掛けてころした。
    焦げ肉と酸たちの臭いを思い出して、つい吐き気を催す。そして思い出す。
    ・・・もう邪魔者は全部荼毘にふしたんだ・・・誰も僕を止められないんだ、もう僕は・・・欲望のままに

    飛沫が僕をまた染める。
    動脈から吹き出すそれは汚れではなく、純潔の証なのだ。
    頭から被るように僕は顔を近藤づける。
    僕の肌から藤浪くんが入ってきてるよ・・・僕のなかの組織液と混ざってるよ・・・
    だんだん僕は藤浪くんになっていってるのがわかるよ・・・
    もっと僕を浸蝕して。もっと僕との境界をなくして。
    僕を・・・藤浪くんにして。

    続きを読む
    アクセスランキング