ブログ名変えました。旧名:パワプロマイライフスレまとめ


       ● 腐女子が考える藤浪再生計画wwwwwwwwww
       ● 阪神・藤浪、大谷との“合体”トレをSNSで初披露
       ● 大谷、「付き合うなら」質問で即答したのはあの助っ人選手
       ● 【悲報】高山が藤浪と2人で「君の名は。」を鑑賞していた方が発覚。大谷…
       ● 大谷「藤浪くん藤浪くん!」ブンッ!ブンッ!

    カテゴリ:NPB > 大谷×藤浪

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/09(金)09:07:48 ID:TfI
    東京都内で大リーグ、レンジャーズのダルビッシュが主催しているトレーニングに参加している阪神・藤浪が8日、大谷と“合体”している様子が初公開された。
    主催者のダルビッシュが自身のインスタグラム(写真SNS)に画像をアップ。
    写真の右端に収まった同い年の2人は、重量挙げで国体4連覇している山本俊樹(ALSOK)からのウエートリフティングのレクチャーを食い入るように見つめた。
    これまでにも、虎にFA加入する糸井とともにトレーニングを行う様子は確認されていた藤浪だが、大谷とも切磋琢磨し進化し続けている。

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20161209/tig16120905010011-n1.html

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1481242068/

    【阪神・藤浪、大谷との“合体”トレをSNSで初披露】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)19:21:29 ID:mW4
    日本ハムの大谷翔平投手(22)が26日、人類最速169キロの挑戦へ意欲を燃やした。

    この日、有原航平投手(24)と共に旭川市内で行われたトークショーに参加した。
    10月16日のソフトバンクとのCS最終ステージ第5戦(札幌D)で自身の持つ日本最速を更新する165キロをマーク。司会者から「球速への願望、目標は?」と問われ、「人類最速まであと4キロなので。一番速い球を投げられるんだったら投げてみたい」と宣言。
    人類最速はレッズ・チャップマン(現カブス)が11年に記録し、メジャー公式記録となっている169.14キロ。世界最速球へ挑戦するつもりだ。

    「打者・大谷と投手・大谷が対戦したら」との問いには「打者をやっていて嫌なのが真っすぐ。人類最速の球を投げてみたいし、その球を打ってみたいですね」と話し、会場を沸かせた。

    また、酒席での失敗については「(お酒での失敗は)経験したことがないので。飲みますけど、全然分からないです」と話し、ストイックな一面をのぞかせた。
    「付き合うなら、どの選手か?」との問いには「メンドーサ」と即答。「人当たりもいいし、真面目で優しい」と理由を明かした。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161126-00000112-sph-base

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1480155689/

    【大谷、「付き合うなら」質問で即答したのはあの助っ人選手】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/23(水)12:51:39 ID:v9t
    交流戦で高山と対戦するときの大谷がエグい球投げそう

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1479873099/

    【【悲報】高山が藤浪と2人で「君の名は。」を鑑賞していた方が発覚。大谷…】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/11/16(水)19:30:57 ID:qZC
    ブンッ!ブンッ!
    どんな色でも映えそうなアイボリー色のバットの感触を素振りで確かめる。これならどんな球でも打ち砕けそうだ。
    これからバッティングの練習をするんだ、藤浪くんをWBCで助ける一番の方法だからね。
    近くにあったボールを拾い、ティーバッテングを始める。

    ブンッ!ボグ!ボグン!!ブシャッ!!
    わぁ、ボールの中から赤いものが出てきた。これが野球ボールの縫い目かな?
    バットを避けるかのように形状が変わり始める。
    こんな形じゃ練習にならないな、次は…藤浪くんを壊した五十肩をボールにしよう。なぁにボールはここに沢山あるんだ。
    藤浪くんはちゃんと僕の家で飾ってあげるね、僕達ずっと一緒だよ藤浪くん。
    二人の思い出の場所である甲子園で練習を続けるためボールを拾いに行った。

    【大谷「藤浪くん藤浪くん!」ブンッ!ブンッ!】の続きを読む

    このページのトップヘ

    アクセスランキング