ブログ名変えました。旧名:パワプロマイライフスレまとめ


       ● 【朗報】大谷翔平さん、ムダ毛処理カンペキ
       ● 大谷「藤浪くん…藤浪くん…」チャリン
       ● 大谷のTシャツ→6万円、藤浪のTシャツ→3000円
       ● 大谷「藤浪くん…藤浪くん…」トントントン
       ● 大谷「藤浪くん…藤浪くん…」ザクザク

    カテゴリ:NPB > 大谷×藤浪

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/19(木)08:06:28 ID:Gde
    no title

    綺麗に剃りました

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1508367988/

    続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/17(火)22:29:07 ID:zMr
    お疲れ様藤浪くん、ナイスピッチングだったよ。
    今日は無理してでも必死に投げてた藤浪くんにプレゼントがあるんだ。
    大谷が目を向ける先には苦悶の表情を浮かべ腹部が大きく膨れた能見が立っている。

    見て見て藤浪くん、ぼく特性の人間ガシャポンだよ。使い方は簡単、よくあるガシャポンみたいに100円を食べさせて鼻を回すんだ。
    藤浪くんをマウンドにたたせるような投球をしたノミでもこれくらいは役に立つんだね。
    カプセルの中身は藤浪くんのことを考えてタンパク質の食べ物にしてあるんだ、たまにキュウリが入ってるんだけどめ。
    それとちゃんと藤浪くんの肩の状態を考えてあの腐肉肩の監督の肉は入れてないから安心して。
    それじゃあ回すね。

    グムグム…ゴクッ…
    ミチ…ミチ…バキ…

    あれ、おかしいね?お金本入れて回したのにカプセルが出てこないよ。故障してるなら殴ってみたら直るかな?

    ボグゥ!ドスッ!ボト!ビチャビチャビチャ…

    ほら藤浪くん今日のご褒美だよ、このカプセルは凡退してイニング跨がせたあのアホウドリの焼き鳥だよ。
    火は通してないけど元から燃えてるようなものだし、衛生面も心配しなくていいよ。

    …ねぇ、なんで食べてくれないの?そっか、鳥谷肉嫌いなんだ、だから食べたくないんだね。
    ごめんね気が利かなくて、藤浪くんが好きな食べ物を探しに行ってくるよ。

    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1508246947/

    続きを読む

    ダウンロード


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/11(水)08:59:30 ID:m11
    小鳥のさえずりで目を覚ました藤浪の鼻腔を温かい味噌汁の香りが通り抜ける。
    朝ごはんにしようよ。大谷は茶碗にお櫃で蒸らされたツヤツヤの白米を盛り付けている。鮭の塩焼きに生卵、のりに納豆。正統派な日本の朝食だ。
    お代わりもあるからね。そういって藤浪の手に湯気を立てた熱い味噌汁が手渡される。
    あっいけない。薬味のネギを切るのを忘れてた。ちょっと待っててね、すぐに切るから。
    そう言ってまな板の前に立つ大谷を見ながら味噌汁椀を手に取ると、何やら見覚えのあるものが浮かんでいる。

    森くんはきっといい出汁が出てるよ。

    藤浪が端で掴んだ者は、かつての女房役であった森の眼球だった。吐き気を催してトイレに駆け込んだ藤浪は、そこにあった大量の肉片と髪の毛を見て気を失ってしまった。

    ふふ、藤浪くん…おかわりもあるからね。いっぱい食べてね。

    引用元: http://hayabusa.open5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1507679970/

    続きを読む

    images (75)


    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/10(火)20:52:02 ID:vI7
    藤浪くん…最近僕に冷たいよね、なんでなの?もっと振り向いて欲しいよ。
    僕はこんなに藤浪くんに心を奪われてるのに藤浪くんは…
    手にしたピッケルで肉を抉り取る。バキッと骨が折れる音がした。
    なんで?あのフェザービームより弱い送球と頭の監督がいるから?アレならもう壊して捨ててきたよ。だから振り向いてよ僕だけをみていてよ。
    またピッケルを振り下ろす。藤浪の体に刺さる。思い切り力を込めて抉り抜く。あたりはすでに真っ赤に染まっている。
    ああ、コレって宝探しみたいだね。僕の宝物はもちろん、藤浪くんの心。
    ちょうど自分の胸の高さにぽっかりと空いた穴に、目当てのソレを見つけ、ブチブチと音を立ててつかみ取る。
    やったね。これで藤浪くんの心は僕のもの…。
    弱々しく拍動する藤浪の心臓をカバンに入れる。これぐらいの大きさなら家にでもアメリカにでもどこにでも持って行けそうだ。

    ずっと一緒だからね。

    生きたまま心臓を抉り抜かれ倒れ伏す藤浪に、その声は届いていなかった。

    引用元: http://hayabusa.open5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1507636322/

    続きを読む
    アクセスランキング